【ブラッククローバー】363話ネタバレ最新!黒の暴牛がルシウスの攻撃を止める! 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】363話ネタバレ最新!黒の暴牛がルシウスの攻撃を止める!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • ユノがルシウスを倒した映像を見せて希望はあると伝える。
  • 黒の暴牛がルシウスと相対し、戦闘態勢を取る。
  • 天秤魔法で魔女の魔法を消す能力が描かれる。

前回362話、ルシウスの姿を見て魔法帝が敵だと思う国民。

マルクスがユリウスの言葉を思い出し、自分がやるべきことは国民に声を届ける事だと思います。

ユノがルシウスを倒した映像を見せて希望はあると伝え、次にミモザがユノの魔法のおかげで国民の重症者はいないと伝えます。

助けるためには助かろうとする意志が必要だと訴えます。

ボロボロになっても戦い続けるセッケ。

アスタのようになりたいと頑張って強くなろうとしました。

強くはなれなかったが、諦めない心を持っています。

ルシウスはこの演説が意味がないと言いますが、ユノは意味があると確信しています。

何かを察知してユノを無視して黒の暴牛のところへ向かいます。

 

スポンサーリンク

 

『ブラッククローバー』363話!のネタバレ

それでは『ブラッククローバー』363話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

魔法を消す魔法

アスタはここに来ることはない、対策をすでにしていると言うルシウス。

魔女たちが相対しますが、天秤魔法「スケール・ドミネイト」で魔法が消されます。

この魔法は正義のある方に傾くようです。

そしてその正義はルシウスに傾いて魔法を消します。

守護天使が転移魔法の準備をしている黒の暴牛たちへ攻撃します。

光のビームが放たれます。

 

スポンサーリンク

ルシウスと相対する黒の暴牛

一方、モルゲンとヤミ。

モルゲンが生まれ変わってもう一度一緒に国を守ろうと言うと、俺にはもう黒の暴牛があると言って断ります。

あんなに国民のことを考えていたモルゲンがルシウスに支配されるのは少し悲しいですね。

ヤミが前に進んでいる気がしてとてもカッコイイです。

魔法陣が現れてシリウスの放った光のビームを跳ね返します。

そこから黒の暴牛の皆が現れ、戦闘態勢を取ります。

ナハトがここにいるのがとてもいいですね。

黒の暴牛がどこまで強くなっているかとても楽しみですね。

アスタが日の国にいた期間に強くなっていると思いますね。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ363-364話のまとめ

今回は、天秤魔法で魔女の魔法を消す、ヤミが黒の暴牛があると言ってモルゲンの提案を断る、黒の暴牛がルシウスと相対するなどが描かれました。

極大魔法陣が発動するまでルシウスの攻撃を受けられるかが勝負ですね。

守護天使はシリウスの時間魔法をつかっているのかもしれません。

彼の出す光の波動と同じようなものを放っています。

この守護天使の数は限りがあるのでしょうか。

もしあるならシリウスの魔力を消耗させることができれば勝気はありそうです。

国民の避難が完了することがあれば、ユノはもう少しシリウスに対抗できると思います。

さらにミモザが回復魔法をユノに使うことができれば戦況はさらによくなるでしょう。

ノエルとヤミがアシエとモルゲンを倒したらアスタと共闘してルシウスに向かうと思いますね。

次回もお楽しみに!

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒ブラッククローバー365話!ダムナティオの大気魔法が強すぎ・・

⇒ブラッククローバー364話!まるでゾンビ、傷つけられても何・・

⇒ブラッククローバー362話!希望はまだあると訴えるミモザと・・

⇒ブラッククローバー361話!無数のルシウスのクローンが現れ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA