スポンサーリンク

【無職転生】ランドルフは笑い方に特徴アリ?見た目に関わらず親しみやすいその理由は??

スポンサーリンク

無職転生の物語にランドルフというキャラクターがいます。

彼は、独特の笑い方を持つ面白さがあります

見かけは不気味で、強き者ですが、意外に話すと饒舌で親しみやすさがあるのです。

今回は、正体不明な部分が多いランドルフについて詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ランドルフのプロフィールは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフ・マリーアンは、王竜王国の黒竜騎士団に所属している騎士です。

北神二世であるアレックス・C・ライバックと死神騎士と呼ばれたシャイナの孫になります。

しかも、七大列強の五位に位置し、死神という異名を持つ強者です。

因みにランドルフは、不死魔族や耳長族、人族の混血で寿命が長いようです。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ランドルフの見た目は??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフは、右目に眼帯を装着し、骸骨の様な顔をしていています

肌もとても白くて、やる気も無く後ろ向きな態度を取ることも見られます。

とても強そうな騎士だとは思えません。

無職転生の第19巻と第22巻に彼のイラストが掲載されています

顔色の悪く、不健康なイメージしかないです。

死神という異名にピッタリの雰囲気を漂わせています

個人的には、幽霊やゾンビの様な印象があります。

ただ、一見怖そうなランドルフですが、話すと非常にお喋りで気さくな男性です。

ルーデウスと戦う事態になっても、いきなり切り掛かる姿勢は見せません。

対話をして、聞く耳を持つ光景を見せています。

ただ、笑う時は、カタカタと声を出して、独特な笑う癖があるみたいです。

それを聞く者達に恐怖を植え付けられてしまうのでしょう。

ランドルフの印象を強烈にしてくれます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ランドルフは元定食屋なのに料理が下手??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフは、定食屋で作った料理があまりに不味かったため破産してしまいます。

しかし、後に仕える事になるパックス達にはその料理がおいしいと評価をされているのです。

これは、一体どういう事なのか気になって仕方ないです。

ランドルフの料理に関わることについて、述べて行こうと思います。

 

スポンサーリンク

ランドルフ、定食屋を継ぐも破産する

ランドルフの趣味は、実は料理作りです。

王竜王国で学び、その腕をずっと活かしたいと考えていました。

彼は、王竜王国の最大の港町であるイーストポートへ向かいます。

そこで親戚が営む、創業250年間続く親戚の定食屋を継ぐ事になったのです。

ランドルフは、歓喜しました。

そこで、思う存分、自分の腕を振るいます。

しかし、現実は、そう簡単に上手くいきません。

料理のあまりのマズさにお客は、全く寄り付かなくなります。

ランドルフは、あっと言う間に経営難に陥ってしまいます

結局、借金を抱えて破産してしまったのです。

ランドルフは、落胆してしまいました。

そんな彼の前に、1人の男がやってきます。

それは、王竜王国の大将軍シャガール・ガルガンティスだったのです

シャガールは、行き詰っているランドルフに声を掛けました。

それは、王竜王国の騎士にならないかという内容だったのです。

ランドルフは、このままでは生きていけないと判断。

シャガールに従い、騎士の道を歩むこととなったのです。

ただ、ランドルフが店をたたむ決意をしたのには、実は主人公ルーデウスも関わっているんです。

ルーデウスは、ランドルフの店で食事をした事がありました。

彼は、ランドルフの料理を酷評します。

ランドルフは、それもありショックを受けて、定食屋を諦めてしまったのです。

 

スポンサーリンク

ランドルフ、パックス達に料理が美味しいと褒めてくれて喜ぶ

ランドルフは、王竜王国に向かいます。

そこで、シーローン王国から追放されたパックスと第十八王女ベネディクト・キングドラゴンと運命の出会いを果たします

ランドルフは、彼らに料理を振舞います。

パックスとベネディクトは、料理を食べて感じます。

パックスは、ランドルフの料理の見た目と臭いは最悪だと評価していました。

でも、食べてみると魔大陸風の味付けに気づきます。

王竜王国の者達には、受け入れがたい味だが自分としては美味しいと判断したのです

ベネディクトも料理を素直に美味しいと発言したのです。

ランドルフは、パックス達に自分の料理をこう評価されとても喜びました。

そして、彼らを慕いずっと仕えて行くことを決意

パックス達との深い関係が始まったのです。

ランドルフの料理の腕は、王竜王国では駄目でした。

でも、パックスは、様々な食事をしていて味に精通していました。

彼が美味しいと言ったのは、間違いではなかったのではないかと思います。

意外に魔大陸で定食屋を営んでいれば、繁盛して大成功を収めていたのかもしれないです。

定食屋の破産という失敗があったから、パックス達と出会えたのだと思います

料理の腕が確かだったら、騎士にもならない違う道があったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ランドルフはラクサスを倒し七大列強5位となった!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフは、元七大列強であった5位のラクサスを倒し5位になっている過去があります

彼は、どうしてラクサスと戦い、勝利を勝ち取る道を歩んだのか気になります。

その部分について、話したいと思います。

 

スポンサーリンク

ランドルフ、ラクサスと出会う

当時、魔大陸では七大列強の5位の座にいたラクサスという魔族が存在していました

ラクサスは、死神と呼ばれ、骸骨の様な風貌で各地で力を示す為に猛威を振るっていたのです。

それは、ある目的があり色々と大暴れしていたのです。

ラクサスには、戦友として仕えていたとある魔王がいました

しかし、魔王は、粘族の冥王ビタによって体を乗っ取られてしまったのです

ビタは、暴虐の限りを尽くして行きます。

その事を知ったラクサスは、戦友を殺したビタに対し強い恨みを持ったのです。

そして、ビタを殺す為に魔道具を使用して、粘族達を大量虐殺

粘族の故郷の洞窟にも行き、全滅させたのです。

それでも、ラクサスは、ビタだけは対峙する事が出来なかったのでした。

彼は、戦友の遺骨から作った魔道具である骨指輪を作成します。

それを使い、ビタの捜索を続けて行きます。

その最中、ランドルフは、ラクサスと遭遇したのです

 

スポンサーリンク

ランドルフ、ラクサスを倒し死神の称号を獲得する!

ランドルフは、ラクサスが魔大陸で驚異的な存在だと知っていました。

して、ラクサスと戦う流れとなってしまったのです。

彼は、北神流や水神流の剣技と、我流の技で応戦して行きます。

死闘の末、ランドルフは、ラクサスを倒します

その結果、七大列強の5位になります

更にラクサスが持っていた死神の称号も同時に得たのです。

しかし、ランドルフがラクサスを倒したことが一気に世界に広まります。

七大列強の名声と死神の称号を欲する者達が、次々と戦いを挑んでいきました

ランドルフは、悉く撃退していきます。

でも、それは10年という歳月を過ぎても止まる事が無かったのです

流石にランドルフは、戦いに嫌気が差します。

そして、静かに戦いの無い生活をしたいと渇望。

故郷である王竜王国に帰ることを決意したのです。

ラクサスを倒す事が出来たランドルフは、本当に強い能力を持っていたのだと思います。

不死魔族等の混血という影響もあるのかもしれません。

回復も速く、体力もタフで長く戦う事が可能だったと思います。

挑戦者達を10年間も倒し続けてきた事は、とても驚異的です。

戦いの場から離れ腕は衰えている所も正直あります。

ランドルフは、ルーデウスに魔導鎧で攻撃されたら敗北すると話しています。

七大列強の中で最弱とも認識

それでも、死神の称号を継ぐのに相応しい人物だと思っています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ランドルフは北帝&水王レベルの強さと「幻惑剣」で敵なし??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフは、剣術で北神流の北帝と水神流の水王の称号を持つ程の強さを誇っています

更に得意技の幻惑剣で、彼に立ち向かってきた敵を全て倒しています。

そして、彼には魔眼と呼ばれる空絶眼で戦いを有利に展開していくことが出来たのです

少しランドルフの強さ等を語って行きます。

 

スポンサーリンク

ランドルフ、剣術は北帝・水王レベルである

ランドルフは、王竜王国で2つの流派の剣術を学んでいます。

1つは、実戦的な剣術を主体とする北神流です。

そして、防御やカウンターを得意とする水神流の修行経験がありました

北神流は、北帝の称号があります。

水神流は、水王の域まで達しています。

彼が七大列強の五位となる強さにも納得できます。

 

スポンサーリンク

ランドルフの幻惑剣は、油断ならない技?!

主人公ルーデウスの上司である七大列強のオルステッドは、ランドルフについてある話をしています。

ランドルフに警戒する事をアドバイスする中で、彼の技を脅威に感じていると発言しています。

それは、得意技の幻惑剣について詳しく説明しているのです

ランドルフは、北神流と水神流を学びましたが、その後独自に技を追求していきます。

やがて、幻惑剣という最大の必殺技を編み出したのです。

それは、相手に攻めると思わせて、その隙に放つカウンターを取る誘剣

相手に攻撃を躊躇わせるように思考させ、その場の窮地を乗り切る迷剣を駆使していました。

それを使い数々の敵を倒しているので、要注意と警告する程です。

メリハリを付けたランドルフらしい技です。

オルステッドは、ランドルフが剣技も最上級で、魔術に対処する術等も備えていて難敵だと判断。

幻惑剣を使われれば、それを打ち破るのは容易では無かったのだと思います。

 

スポンサーリンク

ランドルフ、奥の手に魔眼・空絶眼がある!

ランドルフは、空絶眼という名前の魔眼を持っています。

彼は、この魔眼を完全に制御できない為、眼帯で隠しています

本当の能力は、どんな効果があるのか定かではないです。

しかし、ランドルフは、シーローン王国の国王になったパックスを守る為に空絶眼を使用しているのです

パックスを反乱軍達から守る為に、発動しています。

突入されない様に、鉄壁の防御で進入を不可能にさせています。

もし、戦闘でこれを利用したら、圧倒的な力で敵を倒せるのではないかと考えてしまいました。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ランドルフはなぜ暗殺者界隈では超有名人と言われる??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフは、暗殺者界隈で敵に回したら、飼い主を殺して逃げろと命令される程恐れられています

絶対、敵にしてはいけない危険人物だと認識されているみたいです

七大列強として名が轟いていることもあるのでしょうが、彼が持つ圧倒的な強さを知っているからなのかもしれません。

10年間、死神の称号を狙ってくる輩達を撃退してきた過去があります。

狙われたら生きて帰れないという事を理解しているからなのかもしれないです。

ランドルフは相当数の暗殺者達に狙われていたのだと予想してしまいます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ランドルフはなぜジークに「死神」と七大列強5位の座を譲った!?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフは、ルーデウスの息子であるジークハルト・サラディン・グレイラットに死神の呼び名と七大列強の5位の座を譲っています

それには、ランドルフなりの願い等があるからだと思っています。

その事について、少し話をします。

 

スポンサーリンク

ランドルフ、ジークハルトと同門だったから許した?!

ジークハルトは、三代目北神と呼ばれるアレクサンダー・カールマン・ライバックに弟子入りします。

それから、北神流の修行に明け暮れます。

そして、15歳で北王の認可を受けます

更に19歳で北帝の称号を獲得したのです

ランドルフは、同じ称号を得た同門のジークハルトに素質を感じていた可能性があったと感じています。

それが譲った理由の1つであると思います。

 

スポンサーリンク

ランドルフ、ジークハルトがパックスJrが親友だったから譲った?!

ランドルフは、自分が養育していたパックスJrとジークハルトが親友だと知っていたから七大列強の座を譲ったのかもしれません。

ジークハルトは、アスラ王立学校でパックスJrと出会います

直ぐに仲良くなり、お互い親友となりました。

ジークハルトは、パックスJrが学校を卒業後、未開の土地を開拓し自分の国を持つ理想を聞きます。

卒業後、何もしなかったジークハルトでしたが、父親のルーデウスと対話し本心を打ち明けます

パックスJrの力になりたいと決意。

彼は、開拓に成功したパックスJrに付いて行きます。

そして、黒竜騎士団を設立します。

パックスJrが団長となり、ジークハルトは副団長に就任します。

ランドルフは、ジークハルトとパックスJrの関係を理解していた筈です。

更にランドルフが、王竜王国に所属していた騎士団を復活させてくれた事を嬉しく思っていたのかもしれません。

北帝の強さを持つジークハルトなら、自分が以前仕えたパックスの血を引く息子を守ってくれると感じたのではと想像してしまいます。

ランドルフは、品格や人格が備わっているジークハルトが七大列強を継ぐに相応しいと判断。

だから、譲ったのではないかと個人的に考えてしまいます。

彼は、ジークハルトに譲ることに抵抗は無かったと信じたいです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ランドルフがパックスジュニアに教えたいものとはなに??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフは、無職転生の物語の中で、パックスの子供に剣と学問と料理を教えたいと考えています。

彼が仕えるパックスは、シーローン王国に戻りクーデターを発生させます

しかし、それが叶わないと知ったパックスは、ランドルフ達に妻のベネディクト達の事を頼み、自殺してしまいました

ランドルフは、ベネディクトとそのお腹の子供を守る事を決意します。

ルーデウスとザノバとの話の中で、生まれてくるパックスの子供に剣術等を指導したいと打ち明ける光景があります

そう語るランドルフに愛と優しさを感じます。

彼が指導すれば、きっと良き先生ぶりを発揮してくれるのではないかと感じています。

 

スポンサーリンク

まとめ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

ランドルフは、当初見た時は不気味なキャラクターという印象しかなかったです。

ルーデウスに敵対し、死に追い込む程の強さを見せつけて行くと考えてしまいました。

本気で戦えば、きっと強かったでしょう。

しかし、見た目とは裏腹にギャップがあり、魅力的で面白かったです

七大列強の5位の強さを持ちながらも、それを感じさせない感じが素敵です。

剣術も強く、料理も出来て意外に万能なのではないかと思いました。

でも、料理の味は、油断できません。

自分の料理の味を美味しいと言ってくれたパックス達に尽くす所は、忠誠心の高い崇高な人物だと感動してしまいました。

パックスの死後、ベネディクト達を守る姿は痺れます

その後、ジークハルトに七大列強の座を譲るという所は、彼の粋を感じます。

パックスJrを守り、親交を深めてくれているジークハルトに、自分の役割を託したのかもしれないです。

ランドルフが幸せな結末を迎えてくれたと思いたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA