【ドメスティックな彼女】未来の夏生は結婚していた!結婚相手はひな、ルイどちら?どちらでもない可能性はある!?

スポンサーリンク

社会派恋愛漫画「ドメスティックな彼女」。

ナツオの恋する相手ヒナと初体験の相手ルイ

両親の再婚から義理の家族になります。

ナツオの憧れの相手ヒナとは生徒と教師の間でしたが交際に発展しますがその事が学校にバレ、ヒナが責任を負い、姿を消した事で破局します。

その後、手に入れなければ失わないとナツオは恋愛を封印しますがその間に分かった瑠衣の気持ちに応えるようルイと交際が始まります。

その後もヒナの帰郷、ナツオの進学、瑠衣の留学と進んで行きます。

そんな中で見せたナツオの未来のシーン

それでは見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】すでに描かれている未来の夏生と家族のシーン(73話)

電話で話をするナツオは編集者と打ち合わせの中で妻との馴れ初めですか?いや、それはちょっとと困惑しています。

複雑な環境ではあったけど、フィクションといっても身内には1発でと分かりますよと言います

そして、ただいま、たぁいまの声が。

ナツオは結婚し家庭を持っているのが分かる未来のシーンがあります。

このシーンを見ますとヒナ、ルイのどちらかと結婚している様子です。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】ひな予想

ナツオにとっては最初のヒロインであるヒナ

教師のヒナと交際に発展しますがその事が学校に発覚してしまい破局してしまいます。

その後も想い続けていたナツオですが冷たくされるなどあり自分の恋愛を封印します。

その後、ルイと交際する事になりますが交際前の萩原との不倫事件やお見合いの際の種部ストーカー事件などヒナには頼りになる存在となり当初のナツオよりヒナの気持ちが大きくなっている様子です。

ルイとの交際を知る際にもヒナは影で支える事を決意しますがその未練を断ち切れずにいる感じが見てとれます

留学したルイのピンチの際にもヒナを振り切りアメリカに行きました。

ですがヒナはまだナツオに対する想いは消えていません。

ルイとの関係が曖昧になればとの期待もあります

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】ルイ予想

ヒナを想うナツオをそばで見守るルイですが、ナツオの優しさに触れだんだんと好きになって行きます

アンタの事が好きかもとナツオに告げますがヒナの事もあり交際には発展しません。

その後、ヒナと破局し恋愛を封印したナツオでしたがある事をキッカケにルイの想いの強さを知りナツオはルイに告白します。

交際に発展した2人でしたがナツオの進学、ルイの留学と別の道に行く事になり一旦は破局しますがその後、ルイの窮地にナツオは現れルイを救う事により再スタートを切ります

長い間の想いがつのり交際に発展した2人、一旦分かれてまたよりを戻していますのでルイの可能性が高いと思われます。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】どちらでもない可能性もある!?

ヒナとルイ以外にもナツオに接触する女性の存在あります。

ですがナツオと編集者との会話を聞く限りではヒナかルイかのどちらかだと推測できます

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】「妻との馴れ初めをですか!?(略)身内は一発で気付きますよね」

このセリフから分かるとおりヒナ、ルイどちらかだと分かります

その前にも複雑な環境ではあったけどとも発言していますので確定だと感じます

ナツオには初体験の相手がルイで憧れの教師で想いを寄せるのがヒナでしたが両親の再婚によりいきなり義理の家族になりヒナの妹がルイで更にヒナと交際、破局しその後にルイと交際するという展開ですのでかなり複雑です。

身内じゃなくても1発で分かります。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】ポイントは、夏生の小説?!

blank

フィクションで妻との馴れ初めを書いて欲しいと頼まれたナツオですがルイの可能性が高いのは以前ナツオはヒナの事を書いた小説を執筆し発表しているためです。

趣旨は違うかもしれませんがヒナの事を書いた小説が存在していますのでルイではないかと予想が立ちます

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

ナツオ、ヒナ、ルイの三角関係ですがナツオの未来のシーンで結婚している事が判明しました

ヒナなのかルイなのかはたまた第三者なのかとはっきりとした事は分かりません。

ヒナ予想、ルイ予想と見てみてもどちらにも可能性があるような無いような感じです。

ですがナツオの発言からは妻との馴れ初め、身内には1発で分かる、複雑な環境とありちょっと躊躇したように見えます。

ヒナとの事は一度執筆していますのでルイではないかと予想されます

ヒナとは高校時代の交際から破局でその後はナツオよりもヒナの方が未練を残しています。

ルイとは恋愛封印を解いてから交際し進学、留学の過程で一旦は破局しその後、ルイの窮地を救い、よりを戻しました。

この一連の流れを考えてみるとナツオは当初のヒナへの想いよりルイへの想いの方が遥かに強いように感じてしまいます

佳境を迎える「ドメスティックな彼女」。

禁断の恋の結末を楽しみに待ちたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です