最新ネタバレ『ぼくたちは勉強できない』138-139話!考察!うるか5年越しの・・・。

スポンサーリンク

うるかの家でうるか・文乃・理珠がバレンタインデーのチョコレートを作っていました。

チョコレートを刻みながら、うるかは5年前のことを思い出しています。

5年前成幸にチョコを渡すことができなかった時からずっとうるかは1度も成幸にチョコを渡すことができていません。

その思いを込めてチョコレートケーキを作りましたが、本命感が出すぎてしまってうるかは動揺します。

文乃と理珠の二人は全くチョコを作ることができていません。

うるかが教えることになりましたが、独特な教え方だったので二人は理解することができませんでした。

それでも夜遅くまでかかってチョコは完成したのですが。

翌朝朝イチでうるかが成幸にチョコを渡そうとすると・・・。

 

スポンサーリンク

『ぼくたちは勉強できない』138話!のネタバレ

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

それでは『ぼくたちは勉強できない』138話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

うるかの意気込み

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

今年こそは朝一番に成幸にチョコレートを渡すと意気込んでいたうるかですが、バレンタインの当日、成幸の手には大量のチョコがありました。

それを見て崩れ落ちるうるか。

成幸にいきなり座り込んで大丈夫かと心配されてしまいます。

うるかは急に成幸がもてすぎではないかと泣きそうになっています。

やっぱり無理だとうるかが逃げ出そうと思った時、小林が成幸に声をかけました。

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

成幸が持っていたチョコは全部小林がもらったものを成幸が預かっていただけなのです。

小林は彼女に変な心配をかけたくないので、毎回断っているのですがたくさんもらってしまうのです。

申し訳ないけれど、あとから全員に返してくるらしいです。

うるかは小林のものだったと知り、せっかくの朝イチのチャンスを逃してしまいました。

小林のもてっぷりは小学校の頃からすごかったと笑う成幸に、小林は成幸も毎年・・・と言いかけうるかの方を意味ありげに見ていました。

成幸は全く気がついていないようです。

うるかは涙目になりながら、次の休み時間こそはと意気込みました。

 

気になる休み時間

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

休み時間になると、文乃が成幸にチョコを私に現れました。

成幸は自分に!?と驚いています。

文乃は義理チョコであることを強調し、いつもお世話になっているからお礼としてだと伝えました。

ありがとうと言いながら成幸がチョコを食べると、なにやら異様な音が聞こえてきます。

ゴギン、ベギン、ボギなどとてもチョコを食べてた時の音とは思えませんが、成幸は美味しいとお礼を言います。

スゴイ音がしたと言う文乃に、成幸は口から血が・・・。

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

次の休み時間は成幸のところに理珠がやってきました。

うどんをどうぞという理珠から受け取ると、麺から器、箸に至るまでチョコでできていました。

世間では女子がお世話になっている男子にチョコを送るのが義理だそうで、うどんへの愛をこめたと、理珠もまた義理を強調しています。

成幸は義理なのにこんな手の込んだものをと感動していました。

その様子を陰で見ていたうるかも涙ぐんでいます。

文乃も理珠も喜んでもらってよかった。

昨日あんなに頑張って作ったんだもんね・・・って涙ぐんでいる場合ではなかったうるか。

この際理珠に便乗して渡してしまおうと思っていた時、関城がやってきました。

関城は理珠と成幸に友チョコを渡しに来ていたのです。

 

放課後も

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

うるかはまたタイミングを逃してしまい、放課後こそはと思ったのです。

そして放課後、校門の前にはスクーターに乗った小美浪先輩がいました。

 

近くを通ったついでで、いつも父が面倒をかけているので義理チョコのひとつくらいはと渡しに来たのです。

成幸は貴重な食料だとお礼を言います。

でも先輩は成幸以外にあげる予定もないから、本命みたいなものか・・・と言って成幸が慌てると、そう言っておいた方がホワイトデーのお返しのランクが上がったりしてなと言って帰っていきました。

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

うるかはあすみ先輩までとショックを受けます。

ここは自分もあすみのようにヨユーある感じでと妄想しているうちに、成幸はスタスタと先を歩いて行ってしまいました。

どうやって渡したらいいのか、うるかは悩みながら後をついて行くと、成幸はスーパーで真冬先生と会っていました。

真冬先生からもレジで景品が当たったとチョコをもらう成幸。

真冬先生はもらったチョコをあげただけなのに、嬉しそうな成幸の姿を見てうるかは少し寂しそうです。

 

スポンサーリンク

勇気を振り絞り

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

そして心が折れそうになり、今さら自分のチョコをもらってももしかしたら成幸は迷惑ではないかとまで思ってしまいます。

あと少しで成幸は家についてしまいそうなので今年はもうだめかと諦めそうになりますが、今まで5年間もそう思ってきたのです。

でもうるかにはもう来年はありません。

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

家に入ろうとする成幸を大声で呼ぶうるか。

振り向いた成幸に、ふたを開けて中身を見せながら、手作りの綺麗なチョコレートケーキを渡しました。

しどろもどろになり、涙を浮かべながらよかったら受け取ってくださいと言ううるか。

成幸はすごいチョコだなと驚きます。

そして一口食べておいしいと言います。

その言葉を聞いて嬉しくて泣いてしまううるか。

成幸は一口食べて、その味に記憶があったのです。

うるかは毎年チョコを作っても渡すことができず、本命のチョコを削ってポケチョコに作り変えて成幸の机の中に入れていたのです。

小林はそのことにずっと前から気付いていました。

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

ポケチョコってこんなにうまいもんなんだねとという成幸に、小林は味わって食べるように話していたのです。

成幸は5年間ずっとチョコをくれていたのは、うるかかもしれないと気付き始めます。そのチョコの意味をお互い真っ赤になりながら尋ねようとしたときに、成幸の家族が出てきて、本命かと尋ねました。

成幸はなんでここに!?と叫びましたが、そこはもう成幸の家の前です。

うるかも義理だと全力で否定しました。

 

『ぼくたちは勉強できない』ネタバレ138-139話のまとめ

朝一番に見た成幸が、両手いっぱいチョコレートを持っていた時、何が起きたのかと思いました。

いつの間にか成幸がモテモテになっていたのかと思ったら、小林へのものを持っていてあげただけでした。

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

折角決心したうるかだったのに、出鼻をくじかれてしまいました。

その後も休み時間ごとにみんながチョコレートを渡しに来ます。

文乃もこの前自分の気持ちに気づいたはずですが、照れ隠しなのか義理だと宣言していました。

理珠もうどんチョコはあれからどうやって上手に作れるようになったかわかりませんが、クオリティの高いものでした。

真冬先生は本当に完全に義理チョコだったのでしょうか。

偶然を装ってという訳ではないのでしょうか。

 

遂に5年越しにチョコを渡すことができたうるか。

本当にバレンタインデーの一日中もどかしいというか、切なかったです。

受験はまだ終わっていないのでなんだかきっとモヤモヤしているのではないかと思います。

筒井大志「ぼく勉」138話より引用

そろそろさすがに成幸もうるかの気持ちに気がついているのではないかと思います。

成幸はうるかのことをどう思っているのでしょうか。

なんだか成幸が思い返したら、実はこっそりうるかが何かをしていたというエピソードがたくさんありそうな気がします。

うるかはこれから順調にいくと留学してしまいます。

最後に渡せてよかったと思いました。

成幸はバレンタインデーの日、本当はモテモテだったのに、渡した全員が義理だと言い張るのも何だか成幸がかわいそうな気がしました。

これからやっぱり一人選んだりするのでしょうか。

今のバランスもとてもいいのではないかと思うのですが。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です