スポンサーリンク

最新ネタバレ『チェンソーマン』110-111話!考察!直接対決はやっぱりお預け?!深夜の来訪者は誰?!

スポンサーリンク

藤本タツキ「チェンソーマン」110話より引用

前回、正義の悪魔(ユウコ)をバラバラにして勝利したチェンソーマンと、目を覚ました戦争の悪魔(ヨル)は初めて対面することになりました。

ヨルにとっての最終目標が目の前に…!

宿命の対決が始まってしまうのでしょうか?!

それでは第110話『夜のチャイム』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』110話!のネタバレ

それでは『チェンソーマン』110話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

直接対決は?

ヨルはチェンソーマンを目視すると、ユウコの体から剣を作り出しました。

「ユウコ足剣」

ユウコはアサ(=ヨル)に心酔していますからね。

これまでの分析から、対象物への思い入れが強ければ強いほど強力な武器になるはずです。

2人は”親友”なので、ユウコ足剣は相当な強さを誇るのではないでしょうか?!

ヨルはチェンソーマンに自分を覚えているか尋ねました。

やはり2人はかつて何らかの因縁があるようですね…。

ところが、デンジは何も答えません。

目の前にいるのはヨルですが、見た目はアサの肉体です。

アサは制服を武器にしたせいで現在下着姿。

デンジはそのあられもない姿に目が釘付けでしたw

 

スポンサーリンク

自己紹介

そうこうしているうちに、バラバラになった正義の悪魔の肉片の中から、女子生徒が出てきます。

(無事でよかったですね!)

突然飛び出した女子生徒にデンジも一瞬驚きます。

ここでデンジはこの女子生徒が目撃者としては最適であることに気が付きます。

デンジは自分が女子生徒を救ったのだとアピールしますが…女子生徒は血塗れのチェンソーマンを見て恐怖を感じてしまいますw

「食べないでぇぇ」

恐怖で顔が歪みました。

デンジがしたい事はただ1つ。

みんなに自分がチェンソーマンだと知らしめて、モテたいだけ。

「俺チェンソーマン!人間は食べないヨ!」

(マキマの件は一旦、忘れておきましょう…)

デンジは自己紹介を始めます。

人間を食べない理由は、自分自身が人間だからであることも明かします。

「証拠に人間の姿も見せてやろうか」

デンジは目的達成のため、サービス精神も旺盛です。

 

スポンサーリンク

すれ違う思惑

ヨルはユウコ足剣を手に背後からチェンソーマンを狙って攻撃を仕掛けました。

デンジは全く背後のヨルに気がついていません。

このままではピンチ!という時、巨大なタコの足がデンジを絡みとりました。

そのままデンジは消えてしまいます。

ヨルの一撃は空を切りました。

「私とは戦う価値もない雑魚だと言うのか…」

ヨルは怒りに震えました。

「出てこい!ぶっ殺してやる!」

ちなみにデンジはヨルについて何にも感じていませんw

チェンソーの悪魔と戦争の悪魔の間には何かがあったのはわかりますが、それはデンジがポチタから心臓をもらう前の話でしょう。

デンジの頭にあったのは、自分の存在をいかに自然にみんなにバラすかの一点のみ。

でもヨルはチェンソーマンにバカにされたと思い込み、さらに憎しみを募らせることに…。

この勘違いが後々に影響しないといいのですが、無理でしょうね涙。

デンジをさらったタコの足、それは吉田の能力でした。

デンジが運ばれた先では吉田が待っていました。

「力尽くでも止めるって言っただろう?」

吉田のすました顔にデンジは毒吐きました。

「自然なカンジだったのにイ!」

こんなチャンスは滅多にありません。

デンジにとっては悔やまれる結果となりました。

 

スポンサーリンク

噂話

惨劇の翌日…学校では噂が飛び交っていました。

2組の生徒が4人死んだこと、その犯人が同じ学校の生徒であるユウコであること…。

噂は噂を呼び、ユウコが悪魔と契約した理由まで憶測されていました。

ユウコは中学校の頃、イジメにあっていました。

だから悪魔と契約して強さを手に入れようとしたのだろうと…。

(イジメをなくしたかったのは事実なので、遠からず…と言ったところでしょうか)

「メンタル弱い人間が悪魔に騙されちゃうんだよ」

人々はユウコについて勝手な考察を続けていました。

そしてユウコの現在は…。

「ユウコちゃん、まだ見つかってないんだって」

4人もの人を殺した罪は重いでしょう。

ユウコはどこに逃げたのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

アサの夢

アサにはいつも見る夢があります。

自分はなぜか路地を走っていて、地面には鶏の死骸が転がっています。

アサは死骸を踏まないように気をつけながら走るのですが、鶏の死骸は地面を覆い尽くすほどの量になってしまいます。

アサは仕方なく、死骸を踏んで走り続けます。

路地の先は真っ暗でその先は見えません。

それでも走り続けるしかないのです。

その先は…?

アサはいつもここで目を覚まします。

その先には何が待っているのか、今はまだわかりません。

目を覚ますと、アサは汗をかいていました。

ヨルは静かに寝ています。

アサは水を飲みに立ち上がりました。

家族を悪魔に殺されたアサは1人ぼっちなのです。

 

スポンサーリンク

夜中の来訪者

水を飲み、時計を見ると時刻は夜中の1時25分です。

その時、家のチャイムが鳴りました。

こんな時間に普通の人は訪ねてきません。

アサは警戒心を強めました。

「誰…!」

すると、扉の向こうから聞こえてきたのはよく知っている声でした。

「こんばんは、アサちゃん」

ユウコの声でした。

アサは急いで扉を開けようとしますが…ユウコは「開けないで!」と叫びました。

ユウコはあの後のことを教えてくれました。

何とかあの場からは逃げられたものの、ユウコ自身は悪魔になってしまったと言うのです。

「アサちゃんを見たら…食べたくなっちゃうかもしれない」

だから扉を開けないで欲しかったのです。

アサはユウコの言葉を聞いた上で、扉を開けました。

「開けちゃダメって言ったのに」

目の前にいるユウコは、確かに元の姿ではありませんでした。

手は変形し、顔も原形をとどめていません。

変わり果てた親友と、アサは何を話すのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『チェンソーマン』ネタバレ110-111話のまとめ

今回は、惨劇のその後のお話でした。

チェンソーマンとついに対面したヨルは、ユウコの足を剣に変え、チェンソーマンに挑みました。

一方のチェンソーマンは、目の前に現れた女子生徒に自分の手柄を精一杯アピール!

チェンソーマン=デンジであることを自然にみんなに教えたいのです。

まぁ、女子生徒は感謝を感じるより先に恐怖を感じていましたがw

その上、背後からは剣を持ったヨルが襲い掛かろうとしています。

この戦いに待ったをかけたのはタコの足でした。

タコの足に攫われたデンジ。

目の前には吉田がいました。

このタコの足は吉田の能力なのです。

せっかく自然に自分の正体を明かすチャンスだったのに…。

デンジは残念がりました。

チェンソーマンVS戦争の悪魔の対決はひとまずお預けです。

こうして、ユウコによる学校襲撃事件は幕を閉じました。

翌日、学校ではあの事件に関する噂話で持ちきりでした。

犯人がユウコであることも、死者が4人もいることもみんな知っていました。

ユウコはまだ捕まっていない事も…。

その夜、アサはいつも見る悪夢に苦しめられてました。

いつものように悪夢から目を覚まし、水を飲みます。

その時、チャイムが鳴ったのです。

時刻は夜中の1時25分。

扉の向こうから聞こえてきたのはユウコの声です。

藤本タツキ「チェンソーマン」110話より引用

開けないで、と言われてもアサは開けずにはいられませんでした。

ユウコは変わり果てた姿になっていました。

悪魔になってしまったと言うユウコ…。

それでもユウコの自我はあるようなので、魔人とも違う気がしますが…。

さて、2人は夜中に何を語るのでしょうか?

来週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらじゃ⇩

⇒『チェンソーマン』112話!チェンソーマン現る?!最悪を終わ・・

⇒『チェンソーマン』111話!ユウコとの永遠の別れ?!ユウコを・・

⇒『チェンソーマン』109話!ユウコの暴走?!チェンソーマンVS・・

⇒『チェンソーマン』108話!アサの実力は?!謎の新キャラ登場・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA