【かぐや様は告らせたい】石上がネガティブなのは過去のせい!?生徒会に入るきっかけとなった事件とは?石上は正義感が強い?

スポンサーリンク

秀知院学園生徒会会計を1年生ながらそつなくこなす石上優。

鋭いツッコミを藤原氏にぶちかます彼について今回は掘り下げていこうと思います。

無愛想で、不真面目な彼は一見問題児。

しかし、これを読めばいかに石上の印象が変わるはずです!

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】石上優のプロフィール

石上優のプロフィール
  • 誕生日は3月3日
  • 血液型はO型。
  • 家族構成は、父、母、兄、自分の4人家族

身体的特徴は前髪が長くいつも左目が隠れて首には、トレードマークのヘッドホンをかけています。

秀知院学園1年B組、部活動には所属していません。

零細玩具メーカーの次男でデータ処理のエキスパートです。

ある事件をきっかけに不登校児になってしまったところを白銀をはじめとする生徒会メンバーに救われました。その後、生徒会にスカウトされ、1年生ながら会計を任されています。

会計作業だけではなく資料製作や、パワーポイントを使いこなした効果的な演出も得意で縁の下の力持ち的な存在です。

会計就任後当初はあまりに生徒会室に寄り付かず仕事は持ち帰ってこなしていました。

かぐやが怖くて辞めようと思ったのですが怖くて辞められなかった様子です。

勉強面に関しては、興味のない分野は全く勉強しないため赤点の常習犯で留年寸前だったところを、見るに見かねたかぐやが面倒を見ることになり、なんとか留年は免れました。

ところ構わずゲームをするので風紀委員からは目の上のたんこぶ的な存在です。

大変不真面目な人物ととらえられがちですが実はとても正義感が強く自分が思う「いい人」が理不尽な扱いを受けることを大変嫌う性格の持ち主です。

それゆえ、中等部では事件に巻き込まれ濡れ衣を着せられることになるのでした。

中等部時代は体育系の部活に所属して足は速いが、腕力はかぐやに負けるほど弱いです。

 

【かぐや様は告らせたい】クラスメイトの大友京子

中等部時代から周りにうまく溶け込めず浮いた存在だった石上ですが、そんな石上に気さくに話しかけてくれるクラスメイトが現れます。

その少女の名前は大友京子。

この少女こそが石上の人生を大きく変える存在になるのでした。

石上は自分を気にかけてくれる「いい人」である大友が幸せに暮らしてほしいと願うようになるのでした。

それは、恋心とはまた違う感情のような気がします。

 

【かぐや様は告らせたい】石上とは正反対の荻野コウ

あるとき、大友には荻野コウという同学年の彼氏が出来ました。

荻野の周りにはいつも誰がいて人気者で人望も厚い少年でした。

石上は二人が末長く幸せになってほしいと心から願うのです。

ここまで誰かの幸せを願える人間はどのくらいいるのでしょう?

妬むこともなく素直に幸せになってほしいと思える石上はとても優しくいい人だと思います。

 

【かぐや様は告らせたい】人気者だった荻野の裏の顔とは?

完璧に思えた大友の彼氏、荻野コウには裏の顔があったのです。

あるとき、偶然荻野が誰かと電話しているところに出くわした石上は何か良からぬ予感がして荻野について調査をはじめます。

そして、荻野のことを調べあげ、ある事実にたどり着きます。

それは、荻野は大友のことを好きではないということと、今までも女の子を仲間内で食い物にしてきたということ。

そして次の標的は大友でした。

 

【かぐや様は告らせたい】証拠をみせた石上へ荻野がした提案とは?

石上は大友を守るべく荻野にそんなことはやめるように説得を試みますが拒否されてしまいます。

そして、証拠をバラされたくない荻野が石上にしてきた最低の取引条件、それは大友を石上に差し出すから証拠をなかったことに、というものでした。

最低の男です。

こんな男が中学生とは世も末です。

 

【かぐや様は告らせたい】悪者にされた石上

最低極まりない荻野に石上はキレて殴りかかってしまいます。

あえて無抵抗の荻野は、騒ぎを聞き付けて集まってきたギャラリーに見せつけるかのように

「大友へのストーカー行為をやめるように」

叫びます。

全く悪知恵の働く男です。

しかし、荻野の演出は効果的に働きストーカー行為を咎められた石上が逆上して荻野を殴り倒していると周りの生徒は荻野のシナリオ通りに思い込んでしまうのでした。

石上はもちろん反論しますが多勢に無勢、いつも一人でいる石上と人望の厚い荻野、あなたならどちらを信じますか?

結果は火を見るよりも明らか。

せめて大友にだけは信じてほしいと訴えるも石上の願いは空しく大友には嫌われてしまいました

ストーカー男の汚名を着せられ学年中の嫌われものになってしまうのでした。

さらに、これ以上事を荒立てるなら大友のことは保証しないと荻野から釘をさされてしまい真実を語る場をなくしてしまうのでした。

事を重くみた学校側は石上を1ヶ月の停学処分としました。

学校に戻りたいのなら課題と反省文をこなせと教師から言われる石上。

毎日朝夕の在宅確認の電話が鳴り、それを泣きそうになりながら母が対応し気の遠くなるような量の課題をこなし夜はひたすら父の説教に耐え、週末は生徒指導の教師の元へ課題を提出しその後、説教を受ける日々を過ごします。

自分にも間違った点あることは認めていますが石上にはどうしても反省文を書くことができませんでした。

その為、停学期間が過ぎたあとも学校復帰は認められませんでした。

早く解放されたいと願う石上は、告発文を書き真実をさらけ出そうと考えますが、結局何も書けぬまま卒業式をむかえたのでした。

必ずしも殴っている側が悪で殴られている側が善とは限りません。

真実は、追求していかなければうやむやになってしまいます。

殴ってしまった行為は決して誉められるものではありませんが誰かが公平にこの事件について調べる事ができていれば石上が犠牲になるとこはなかったはずです。

教師にもましてや、親にも信じてもらえなかった石上の寂しさは図り知れません。

その頃、石上の高等部進学について、ある生徒と教師側がもめていたのでした。

課題はしっかり提出している彼に対し、教師側の扱いが正当ではないと伊井野が抗議していたのです。

伊井野の抗議と校長の配慮でなんとか石上は高等部に進学することができたのでした。

 

【かぐや様は告らせたい】真実を知った生徒会がした行動は?

生徒会のともに未だに反省文を提出していない生徒が入学してきたという情報が入ります。

何か怪しさを感じた、白銀、かぐや、藤原の3名は独自に調査を開始します。

独自の情報網から石上は潔白であることがわかり、白銀は石上の元を訪れ事件後の事実と持論を述べるのでした。

事件後、2人は破局し大友は別の高校へ進学し今では楽しく生活しているということ、未だに反省文を書かない石上に対し、警戒心が働いたのか荻野の行動が鳴りを潜めたこと、その結果、大友を守り、新たな被害者を出さずに済んだことに繋がったのではないかと白銀は語ります。

白銀御行は語りたい。

そして、独り戦い続けた石上に白銀は頑張ったなと告げ白紙の原稿用紙に

「うるせぇバァカ!」

と書き殴り、

「お前はおかしくない」

と石上の存在を認めるのでした。

噂に左右されることなく自分で確かめた事実に基づき他人を評価できる白銀はさすが会長になるだけの器を持っていますね!

そして、石上は気づくのです。

誰か1人でも自分を認めてくれる人がいればそれだけで救われるということを。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】体育祭で辛い過去を乗り越えた?

自分を変えたいと思った石上は体育祭の応援団に立候補します。

しかし、入ったは良いもののウェーイなノリについていけず苦しむ石上が可愛いです。

ノリに苦しむ石上ですが、応援団メンバーは石上の噂など気にもとめず気さくに接してくれます。

ただ、気になることが1つ。

応援団長、副団長の顔が作中でしっかり描かれていないのです。

意味深ですよね!

この表現に石上の過去を蒸し返される予感しか感じないのです。

何だかんだと応援団は続けることになった石上。

体育祭当時、それぞれの出し物もあり盛り上がりをみせてきたとこ、石上の前にある少女が登場します。

それは大友京子です。

石上が忘れたかった過去が登場します。

過去がフラッシュバックしてしまう石上。

大友にとって石上は自分と彼氏が別れる原因を作った存在ですから、自分だけ楽しそうにしている石上に文句の一つも言いたくなる気持ちがあるのは、わかります。

石上のせいでフラれたと恨み言を吐きます。

しかし、石上が気づいていなければもっと悲しい思いをしていたはず…しかし、過去は変えられません。

前が見れなくなりそうな石上を、またも救ってくれたのは白銀でした。

対抗リレーのアンカーを任された石上に自身のハチマキを巻いてあげます。

汗でしっとりしたハチマキを。

白銀のその行為で、忘れかけていた事を再び思い出すことができたのです。ハチマキ結び直しながら石上は大友に白銀直伝の一言を言ってやります。

「うるせぇバーカ」

リレーで勝利することは出来なかった石上ですが、誰もそことを責める人はいません。

そしてようやく、みんなの顔が描かれたのです。

この演出、スゴくないですか?!

これまで応援団の顔が描かれていなかったのは石上の心境を表していたのですね。

石上は自分は誰からも受け入れられないのではないかと殻に閉じこもり結果、周りが見えなくなっていたのでした。

過去は変えられません。

しかし、乗り越え前に進むことはできます。

自分を変えたくて応援団に入団したときから少しずつ石上は変わりはじめていたのだと思います。

自分を信じて支えてくれた生徒会、特に白銀の存在はとても大きいでしょう。

支えてくれる人がいるだけで人は前に進むことができるのですね。

ちなみに、大友ですが学力が足りなく進学テストで不合格になったため別の高校へ行くことになったようです。

転校の原因は石上ではありませんでしたね。

また、荻野は事件を知った秀知院学園のえげつないことを平気でするVIPの方々により転校させられたようです。

VIPの方々に知らせたのはかぐやでした。

かぐやを怒らせたら怖いですね。

大友いわく、秀知院学園での生活は楽しいことばかりだったそうです。

彼女は彼女で過去を乗り越えていたのでしょう。

大友は満面の笑顔です。

石上は大友の笑顔を守ることができたのです。

それぞれがちゃんと前へ進んでいることが良くわかる回でしたよね。

 

まとめ

今回は石上優について掘り下げてみました。

石上の印象は変わりましたか?

石上の過去はこの作品には珍しいほどギャグがなく暗く辛いものでしたね。

それを独り戦い一人の少女の笑顔を守った石上は正義の男でした。

頭脳明晰、キレッキレのツッコミを武器に石上優がどのような活躍を生徒会や秀知院学園で見せてくれるのかこれからも目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です