最新ネタバレ『名探偵コナン』1042-1043話!考察!母が残した宝物は家族の思い出の品だった!

スポンサーリンク

大岡紅葉から暗号解読の依頼を受けた平次と新一。

亡くなる直前、母から4兄弟へ1枚ずつ送られた暗号を4人が送り合った後、長男が音信不通になってしまい何かトラブルがあったのではと大岡家へ暗号解読の依頼があったそうです。

暗号を解いたコナンたちは答えの場所である杯戸港の第4倉庫へ向かいましたが、そこには音信不通だった長男の遺体と3人の兄弟がいました。

一目で殺人事件と見抜いたコナンと平次は3兄弟の中に偽物がいないか疑いますが、4兄弟の右手の平を確認すると子供の頃に負った同じ火傷の跡がありました。

3兄弟が長男にもらったものやお返しを送り返された話を聞いていたコナンは、「アレルギー」というヒントから事件の真相に辿り着きました。

果たして事件の真相は?

 

スポンサーリンク

『名探偵コナン』1042話!のネタバレ

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

それでは『名探偵コナン』1042話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

蘭の表情に気付いたコナン

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

平次よりも先に事件を解決しようとしていたコナンですが、蘭の表情を見て幼い頃の出来事を思い出します。

それは2人でドーナツを食べていた時、蘭は最後の1個を新一に譲りますが、蘭の表情は明らかにドーナツを食べたそうです。

蘭の表情がその時と同じことに気付いたコナンは平次に花を持たせるため、亡くなった長男について気付いたことがあると、ヒントを話し始めます。

 

長男は金属アレルギーだった

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

コナンのヒントで、平次は長男が金属アレルギーだと気付きました。

革製品にはクロム金属液、チョコやナッツにはニッケルやコバルト等の金属成分、缶詰には缶から溶け出した金属成分が含まれています。

弟たちに革製品を贈ったり、お返しに送られてきたチョコやナッツ、カニ缶をそのまま送り返していたのは金属アレルギーになったことが原因でした。

そして金属アレルギーの人がメタルフレームの眼鏡をかけているのはおかしいので、遺体の頭にあった眼鏡は長男のものではなく、突き落とされた時に犯人の眼鏡が壊れてしまったためにすり替えられたものでした。

 

犯人は眼鏡をかけている四男?

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

遺体の頭にあった眼鏡が犯人のものだとすると、3兄弟の中で眼鏡をかけているのは四男だけです。

彼は火傷の跡を見せて実の兄弟だとアピールしますが、母親を火傷から守った時のことを「兄弟4人で鍋に手を伸ばして受け止めた」と話してしまったため、偽物だとバレました。

実際は床の落ちた鍋に母親が倒れて火傷しそうになったのを、4兄弟が鍋と母の間に手を入れて負った火傷だったのです。

それでも尚実の兄弟だと言い張る犯人に、柑橘系の液を手に塗って日光にさらし紫外線で植物性光線皮膚炎を起こしたと、火傷の跡を作った方法を説明します。

そして犯人のみ優勢遺伝子の福耳だから兄弟ではないと止めを刺されて、犯人はようやく偽物であることを認めました。

 

スポンサーリンク

犯人は四男と大学時代からの友人だった

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

犯人は四男と大学時代からの友人で、本物の四男は数日前に病気で亡くなっていました。

四男から暗号や母親のことを聞いていた犯人は、元々四男と顔立ちが似ており30年ぶりに会う兄弟だからバレないだろうと思い、宝物の分け前をもらおうとやって来たそうです。

しかし、母親が残した宝物は紙袋に入っていたジンギスカンの鍋でした。

4兄弟にとっては最後に家族みんなで食事をした思い出の品ですが、赤の他人にとっては何の価値もありませんよね。

 

ラブリースポットでついに告白!?

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

事件を無事解決した平次は和葉を連れて急いで倉庫の階段を駆け上がります。

年に一度だけのラブリースポットとは、二隻の船が重なって向こう側の船の赤い煙突がハートの形に見える場所のことでした。

そのラブリースポットを前についに和葉へ告白しようとする平次ですが、後ろを振り帰ってみると、そこに和葉の姿ではなくコナンがいました。

和葉は伊織に声をかけられ降りて行ったのですが、そのことに平次が気づいていなかったため、教えるためにコナンはやって来たのです。

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

和葉の姿を探すと、蘭や紅葉と笑顔で記念撮影をしていました。

平次が来ないと呟く和葉に「男の子はラブリースポットには興味がないのでは?」と紅葉は知らないフリをして返しています。

平次から和葉への告白は、紅葉と伊織にうまいこと阻止されてしまいましたね。

 

兄弟の母が家政婦をしていたのは羽田家のお屋敷だった!

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

4兄弟の母が家政婦をしていたお屋敷はなんと、将棋の六冠王・羽田秀吉名人の実家でした。

つまり彼の義兄である羽田浩二名人は資産家の御曹司ということになります。

青山剛昌「名探偵コナン」1042話より引用

渡米した時、アメリカの資産家でFBIやCIAに顔が利くアマンダ・ヒューズと同じホテルに泊まっていたため、事件に巻き込まれて殺害されたと思われていましたが、資産家の御曹司となると、組織の狙いはアマンダではなく羽田浩二だった可能性も出てきました。

 

『名探偵コナン』ネタバレ1042-1043話のまとめ

修学旅行の借りを返すため、平次に花を持たせたコナンのおかげで紅葉のお願いを聞くという約束はなしになりましたが、今回も和葉への告白は失敗に終わりましたね。

名探偵コナンは11週休載となり、次々号からゼロの日常の連載が再開されます。

10週もゼロの日常が連載されるということは、ついに降谷たちの警察学校時代のお話が始まるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です