【かぐや様は告らせたい】四宮かぐやの恋愛はお可愛いこと!こじらせた恋愛頭脳戦の結末は?別人格が存在する?

スポンサーリンク

四宮かぐやは、好きな相手に告白することができない女の子です。

その理由は、「自分に自信がないから」とか「恥ずかしいから」とかではなく、好きになった方が負けだからなのです。

自分から告白するのはプライドが許さないからといって、好きな相手に告白できず時間ばかりを無駄にしてしまったかぐや。

一体どんな女の子なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】巨大財閥のご令嬢

総資産200兆円、鉄道・銀行・自動車等1,000以上の子会社を抱え、4大財閥の一角をなす「四宮グループ」。

かぐやは、その四宮グループ総帥・四宮雁庵の長女です。

家柄もさることながら、茶道、華道、演舞、琴、合気道、薙刀等幅広い分野で数々の功績を残している天才のかぐや。

特に弓道に関しては高校2年生にして四段の実力を持ち、中等部の時には全国大会で優勝した実力の持ち主です。

成績は生徒会長であり思い人である白銀に次いで学年2位と優秀であり、生徒会副会長として会長をサポートしています。

 

【かぐや様は告らせたい】天才だけど世間知らず

四宮家の方針で、かぐやは性的な情報を与えられないよう幼い頃から徹底的にガードされていました。

よって、彼女が知っている性的な情報とはキスが最大であり、それ以降のことは男にまかせて終わりと教えられてきました。

そんな超箱入り娘のかぐやは、初体験=キスと認識しており、本当の意味を知ったのは高校2年生になってからという程壊滅的に知識がありませんでした

自分が世間知らずと分かってからは、自習でせっせと知識を増やしていますが、それでも小学生レベルです。

 

【かぐや様は告らせたい】素直になれないのは四宮家の教育が影響?

かぐやは執事から四宮の人間とはどうあるべきかを教育されてきました。

人を頼りにするな

人を使い、人を操り、必要であれば切り捨てろ

感情を表に出すな

真面目にやらないと手の甲に鞭を打たれることもあったようです。

四宮家の教育には交渉術も含まれており、計算され尽くした表情と声音でカマトトぶり相手の思考を乱すことさえ可能です。

 

【かぐや様は告らせたい】生徒会に入って心境に変化?

それまで人を寄せ付けない態度をとっていたかぐやでしたが、生徒会に入ってからは「人に近づきたい」と心境が変わりました

そのきっかけを作ったのは、白銀です。

生まれて初めて「白銀御行」という人物を好きになったことで、心境に変化が生まれました

とはいえ最初はかぐやがなかなか素直になれず、白銀とは喧嘩ばかり。

板挟みになる書記の千花は、苦労の連続だったようです。

 

【かぐや様は告らせたい】早坂とは姉妹のような関係

四宮家には代々忠誠を誓う腹心の部下がおり、かぐやの専属の付き人となっているのが早坂愛です。

7歳の時から主従関係が始まっているので、かぐやも早坂の前では猫を被るのを止めます。

また早坂はかぐやの恋愛相談の相手にもなっているので、時には厳しく、時には優しいアドバイスをかぐやにかけます。

かぐやが自由に怒ったり笑ったりしているのを間近で見て羨ましくなり、ちょっとかぐやの対して意地悪な行動ととったこともありますが、かぐやはそんな早坂の行動を見抜いていました

貴方の性格の悪さを世界で一番知ってるのは私だもの

似てるのよ。私たちは姉妹みたいものなんですから

2人の間には、主従関係だけではなく、家族にも似た結びつきがあるのです。

 

【かぐや様は告らせたい】藤原ちかは大親友?

生徒会書記・藤原千花は、かぐやと白銀の恋の駆け引きに気づかず、むしろ引っかきまわしてくれるかぐやにとってはトラブルメーカーのような存在です。

しかし、かぐやにとっては数少ないの友人の1人で、中等部時代からの付き合いです。

千花は、かぐやのことが大好きです。

一方のかぐやは好きな気持ちと呪いたい気持ちが両立しています。

千花の突拍子のない発言があったり、プロポーションに関する話題(かぐやは貧乳だが、千花は巨乳)になったりすると、途端に態度が厳しくなります。

会計の石上はそんなかぐやの目つきの鋭さに気づいており、怯えて生徒会を辞めようとしましたが、辞めたら辞めたでかぐやに報復されそうなので辞められずにいます。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】石上とミコは可愛い後輩?

生徒会メンバー他にも複数おり、1学年下に会計・石上会計監査のミコがいます。

石上はかぐやが怖いと怯えることもありますが、石上が困っている時には助けてくれたりもして、なんやかんや良い関係を築いています。

借り物競争で「後輩」という紙を引いた時も、真っ先に石上のところに来たので、かぐやの1番の後輩かもしれません。

ミコは生徒会選挙で白銀のライバルということで警戒はしていましたが、結局生徒会メンバーとして加わり、時折見せるダメっぷりが可愛いと思っているようです。

ただ、時としてミコの食欲がかぐやと白銀の良い雰囲気を妨害することもあるので、そこは要注意です。

 

【かぐや様は告らせたい】白銀に抱いた抑えきれない恋心

白銀とかぐやの出会いは、高校1年生の時。

最初は、一方的に話しかける白銀をかぐやが無視するという、恋愛とは程遠い関係でした。

それが白銀の優しさ、負けず嫌いなところ、前に進もうとする姿等を目の当たりにし、すっかり好きになってしまったというわけです。

好きになってしまえば何をしてもカッコ良く見えてしまうのが恋心。

かぐやは白銀の眠そうな姿も好きだし、睡眠不足で目つきの悪いところも好きだし、すっかり虜になっています。

 

【かぐや様は告らせたい】文化祭でかぐやが大胆行動?

白銀は文化祭で「自分が素敵だと思う景色」を見せるために、かぐやをキャンプファイヤーの火が1番良く見える特等席=時計台へ呼び出します。

そこでたくさんのハートの風船を空に飛ばし、一緒に海外に留学しようと誘います

その雰囲気にすっかり酔いしれたかぐやは、白銀にキスをします。

これが私の気持ちです

ただ、この話には続きがあり、性に疎いかぐやは「好きな人へにキスをする場合は、舌を口腔に入れる」という偏った知識を持っていたため、白銀にしたキスとは唇がふれあうだけのキスではなく、濃厚なキス

「そんなのほとんどセックスです!」と早坂に突っ込まれるわ、白銀に動揺されるわの波乱のキスとなりました。

 

【かぐや様は告らせたい】脳内会議で現れた別人格のかぐやとは?

普段のかぐやは、計算高さや他人を警戒する心を持つ部分と、他人への興味や楽観的な心を持つ部分の2つが、程よいバランスに保たれています。

しかし、白銀とのキス、初キスでやらかした失敗、海外留学への誘い、父親への畏怖、これらが全部合わさって脳内はパニック状態

楽観的な部分が思考停止に陥ると、ロジカルな一面が「氷かぐや」が表に現れます

氷かぐやは1番最初に白銀を好きになった人格で、好きならば自らキスをしたいと思う別の人格とは異なり、好きな人に抱きしめられてキスをされたいという願望を持っています

おまけに白銀の前では素直になれない、いつも冷たい態度をとってしまう、そして少々臆病な性格へと変貌します。

とはいえこれも四宮かぐやという人物の一面であり、かぐや自身冷たくて人に優しくできないけど、そういう自分も愛して欲しいと願っています

 

【かぐや様は告らせたい】会長とついにカップル成立!?

イブの夜に本心を見せ合った2人。

氷かぐやは、かねてからの願いだった「白銀からのキス」に成功しました。

イルミネーションも何もない公園だけど、普通の恋がしたかった氷かぐやにはそれで十分。

そして、頑張る白銀が好きだし、白銀も頑張りすぎるくらい頑張ってしまう人だけれども、疲れた時はお互い一緒に休んで、寄り添いたい、支えあいたいと白銀に告げるのでした。

 

まとめ

最初は自分が恋愛の主導権を握りたいから告白させたいだけの2人かと思っていましたが、読み進めていくうちに、その裏には色んな思惑、願いが潜んでいたことが分かります。

かぐやと白銀はコミックス15巻目にしてようやくカップル成立となりましたが、初デートもまだだし、家族のことや留学のこと等乗り越えるべき障害は山のよう

恋愛ではすっかり劣等生な2人でしたが、持ち前の天才っぷりでこれらの障害を乗り越えて欲しいものです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です