【七つの大罪】色欲のゴウセルとは一体何者なのか!?

スポンサーリンク

なぜ色欲の罪なのか!?

十戒との関係は!?

彼の悲しい過去とは!?

謎多き美青年ゴウセルの生い立ちを紹介します。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】感情を求める人形ゴウセル

中性的な容姿を持つ美青年ゴウセルが犯した罪は、色欲の罪です。

主人公のメリオダスが団長を務める七つの大罪のメンバーの一人です。

過去のショッキングな出来事から生じたトラウマの影響なのか、いつも無表情です。

喋り方からも感情というものが現れないロボットのような青年です。

回りの人間が持っている感情を理解したいがために、魔力で人の心を操って、観察を試みます

時には度を越した行動を起こして、迷惑をかけてしまいます。

 

【七つの大罪】ゴウセルの魔力とは?

ゴウセルは精神系の魔力を使います。

名付けて侵入(インベイション)です。

相手の脳や心に直接働きかけて、記憶を書き換えたり、幻想を見せたりして、相手を操ります

自分が感情を得るために、仲間であるディアンヌの記憶の一部を消失させたりして、キングらに嫌われたりします。

技のいくつかを紹介します。

詮索の光(サーチライト)

人差し指から放った光線により、相手の記憶を読み取る技です。

相手が記憶を忘れていても、その眼で見たものであれば、一定レベルまで思い出せることが可能です。

瘡蓋の記憶(リライト・ライト)

上半身を反りながら全身から光を広範囲に拡散させて、触れた者の記憶を改竄する技です。

街全体の人の記憶を変えることも可能です。

技をかけられた相手が何かのきっかけで記憶の違和感を感じると、徐々に魔力は解除されていきます。

悪夢語り(ナイトメア・テラー)

両目から光線を出して、命中した相手の過去のトラウマを引き出して、相手を悪夢の恐怖で行動不能にする技です。

光矢伝達(ブロードキャスト)

情報を共有したい相手に対して、指から光線を放ち、作戦や思いを瞬時に伝える技です。

複数人に対して同時に使用することも可能です。

大停電(ブラックアウト)

半径3マイル以内にいる生物の思考を一定時間停止させる技です。

傀儡縛り(ジャック)

相手の体の支配権を奪って、意のままに操る技です。

 

【七つの大罪】ゴウセルを作った十戒無欲のゴウセル

時には魔神族との戦いで頼もしい技を繰り出すゴウセルです。

一方で、感情を得るために人騒がせなトラブルも起こしてしまいます。

彼は一体何者なのでしょうか。

キングとディアンヌが妖精の森での試練の過程でタイムスリップした3千年前の聖戦において、明らかになります。

色欲のゴウセルとは、魔神族の十戒の一人である無欲のゴウセルが作った人形であったのです。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】マーリンを凌駕する魔術師の巨大な力故に魔神王に幽閉

当時、無欲のゴウセルは、マーリンを上回るほどの強大な魔術師でした。

その巨大な力を恐れ、自分の地位への災いを感じた魔神王は、彼を500年もの間、魔界の奥底に幽閉していました。

 

【七つの大罪】ゴウセルを作った理由は?

無欲のゴウセルは、自分自身が外界と接触できないため、人形を作って、人形の目や耳を通じて物事の行方を把握することにしました。

それで作られたのが色欲のゴウセルだったのです。

無欲のゴウセルの代理人として作られたのです。

感情というものがよく理解できないでいたのは、人形ゆえであったからです。

 

【七つの大罪】王女ナージャとの日々

聖戦が終結した3千年後のことです。

リオネス王国の王女ナージャが、ある日、城の地下を探検していた時、ゴウセルと出会いました。

3千年間地下で一人で寂しく過ごしていたゴウセルは、人懐こくて優しいナージャのことが好きになりました。

そのうち、ゴウセルはメイドの一人として雇われることとなり、二人は毎日のように部屋で楽しく歓談しました。

しかし、幸せな日々は束の間でした。

ある日、ナージャが病で倒れて帰らぬ人になってしまいました

 

【七つの大罪】ゴウセルの犯した「色欲の罪」とは?

何とかナージャを生き返らせようと、ゴウセルは無茶な方法を試みました。

自分がかって無欲のゴウセルから、人形にも心が宿るようにと授かった「ハート型のおもちゃの心臓」を、ナージャに埋め込もうとしました

ナージャの心臓と取り替えたのです。

この行動をみた王国の人たちに誤解されてしまい、「色欲の罪」を背負うことになったのです。

 

【七つの大罪】聖戦を終わらせた方法は?

3千年前の聖戦において、500年ぶりに外界に現れた無欲のゴウセルは、全魔力を投じて、禁断の魔術を放ちます。

自分の命と引き換えにです。

その魔術とは、四大天使の一人マエルを、魔神族十戒のメンバーと、全ての者の記憶を改竄するものでした。

魔神王の息子メリオダスが裏切って、女神族についたことにより、崩れたパワーバランスを再度平衡させるために、マエルを魔神族側に引き込んだのでした。

 

まとめ

ゴウセルとは、魔神族十戒の無欲のゴウセルが作った人形であったこと。

無表情なのは人形故であること。

人形ゴウセルが愛した女性との至福の過去。

誤解により負わされた色欲の罪など、七つの大罪の不思議キャラクターのゴウセルのミステリアスな部分を明らかにしてみました。

今後メリオダスら仲間の熱き心に支えられ、徐々に感情を手に入れていくことでしょう

人形から脱皮して成長していくであろうゴウセルの姿、活躍が楽しみです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です