【かぐや様は告らせたい】ファーストキスは終わってない!文化祭で起きた事件とは?キスして欲しいかぐやがとった行動とは?

スポンサーリンク

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」は、恋愛の主導権を握るためにいかに相手から告白してもらうかを企んでいるせいで、本当は両思いなのになかなか関係が発展しない生徒会副会長でありお嬢様のかぐやと生徒会会長で一般人の白銀の話です。

長らく拮抗状態にありましたが、高校2年生の文化祭で、とうとう2人の関係に決定的な出来事が発生します!

その出来事とは?

何が起こったのかを漏れなくまとめちゃいます!

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】かぐやと白銀の淡い関係

かぐやと白銀は長い期間両思いなのですが、2人とも告白した方が負けだと思っているので、交際には発展していません

ですが、2期目の生徒会長をやってほしいというかぐやのお願いに白銀は応え、副会長になってほしいという白銀の頼みにかぐやはOKを出しました。

お互いがお互いを必要としているにも関わらず、なかなか進展しない2人の関係に、読者は毎回やきもきさせられています。

 

【かぐや様は告らせたい】文化祭にまいた予告状

文化祭最終日の朝、生徒達は装飾で使用されていたハートの風船が全て撤去されるという光景を目の当たりにします。

残されたのは、替わりの風船と「ハートを頂きに上った。Arsène」と書かれた予告状のみ。

自分が配布したハートの風船が盗まれたということで、嬉々として犯人探しを始める藤原書記。

2枚目の予告状には、「次のものを頂く。A.〇〇の○間」の文字と時計のイラストが、3枚目の予告状には、「文化祭は頂く」の文字のみ

謎に翻弄される藤原書記に対して、ひとり冷静に推理するかぐや。

差出人のArsène という名前と、3枚目の予告状がキャンプファイヤーの火が燃え移らないようにあえて燃えにくい紙で配られたという点から、見事かぐやが一連の騒ぎを仕掛けた張本人に目星をつけました

 

【かぐや様は告らせたい】ウルトラロマンティック作戦とは?

12月の文化祭に向けて白銀が秋から入念に準備をしてきた作戦、その名も「ウルトラロマンティック作戦」。

海外留学を決めた白銀が、文化祭の夜にかぐやとの曖昧な関係に決着をつけるために文化祭を完全私物化した壮大なプランです。

その目的は、かぐやに「誰もが一度は空想するような光景」をプレゼントすること。

その光景とは、キャンプファイヤーの上昇気流でハートの風船がたくさん舞っている状態です。

これを実現すべく、キャンプファイヤーをやってくれそうな生徒会会計監査兼風紀委員である伊井野を文化祭実行委員の手伝いに送り込み、石上会計には憧れの先輩の舞台を鑑賞できる時間を与え、行動が読めないせいで邪魔をされるかもしれない恐れのある藤原書記には予告状の謎を解かせる。

そうすれば、必然的に2人きりの時間が持てるはず。

そのシナリオ通り、白銀はかぐやを屋上に呼び出すことに成功しました。

 

【かぐや様は告らせたい】かぐやから大胆に大人のキス!?

かぐやに対する自分の思いを、空に舞うたくさんのハートの風船で表現した白銀。

白銀はかぐやのことが好きですが、かぐやとの家柄の差を考えると到底対等とはいえない関係。

だからこそ、かぐやから告白してもらって対等になりたいと思っているので、自分から告白することは出来ません

それでも、かぐやにどうしても伝えたい思いがあります。

それは、かぐやとずっと一緒にいること

俺と一緒にアメリカに来い

スタンフォードへの留学が決まっている白銀は、かぐやに一生に一度のお願いをします。

二つ返事で了承するかぐや

その思い切りの良さに、逆に白銀は慌ててしまいます。

もしかしたら雰囲気の良さに、かぐやが告白してくれるのではないかと期待をしていたからです。

ですが、かぐやの行動は予想外で・・・。

怪盗を捕まえた景品をくれるって話でしたよね。それってなんでもいいんですか?

俺があげられるものなら・・・

言いましたね

白銀の頬に手をあてて、かぐやがキスをします

これが私の気持ちです

 

【かぐや様は告らせたい】キャパオーバーでかぐやの知能レベルが低下?

初めてのキスをした2人ですが、問題が発生します。

恋愛話に疎いかぐやが主導だったために、初心者レベル(唇が触れ合うだけ)を超えて一気に大人のキス(舌をからませる濃厚なやつ)をかましていたことが分かったからです。

これには、白銀の動揺を隠せません。

かぐやは早坂から「ド淫乱の性欲魔人と思われている可能性が高い」という突っ込みを受けることになります。

かぐやの心はハッピー6割、現実逃避4割、早坂からの指摘による寝不足とオーバーヒートしてしまい、精神状態が幼い「レアかぐや」が表に出てきます。

(レアかぐやの名付け親は、藤原書記)

白銀は文化祭以降かぐやと初めて会うので、今後の2人について話し合いたかったのですが、レアかぐやが出現したことで会話が成り立ちません

白銀が精神年齢を下げて会話をしようと試みますが、会話ができるものの中身がないことが分かり、結局話し合いにならず。

伊井野会計監査がその現場を目撃してドン引きしただけに終わりました。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】かぐや(氷)に振り回される白銀

かぐやは文化祭で自分の身の上に起こった出来事のせいで、脳がパンク寸前になり、レアかぐやのまま生徒会室で眠ってしまいました。

次に目覚めたかぐやは、楽観的な思考がなくなり、かつて「氷のかぐや姫」と呼ばれた本来のロジカルな一面が極端に現れた状態でした。

キッスした位で彼氏面ですか

たかだかキッスの1つや2つで騒がないでください

文化祭でせっかく良い雰囲気になったのに、氷かぐやから次々繰り出される発言に白銀は翻弄されます

実は氷かぐやは好きな人からキスをしてもらいたいという願いがあるので、文化祭でかぐやからしたキスのことを良しと思っていないのです。

幼い頃見た映画のように、男性からキスをしてもらいたい。

なのに、白銀を見ると素直になれないので白銀のことを試すような発言や行動を、ついつい取ってしまうのです。

そうとは知らない白銀は、かぐやに嫌われていると思い込んでしまい、うかつに手は出せなくなってしまうという負のスパイラルが生まれ、2人の関係は進展どころか後退に!?

 

【かぐや様は告らせたい】かぐやが憧れる普通のロマンティックとは?

かぐやは四宮グループの娘であるがゆえに、周囲から憧れの対象となっていました。

しかし、幼少期から家庭内で厳しく育てられてきたかぐやは他人にもそれを強いてしまい、憧れで寄ってきたはずの人が離れていくという経験を繰り返してきました

この経験から人嫌いが始まり、邪な考えの人も、善意の人も、自分に近づく人は誰彼構わず傷つけ・・・。

寂しいけれど、1人でいようと思ったのです。

ですが、白銀を好きになってしまったかぐや。

生徒会に入ってからは人当たりも良く、穏やかに過ごしているけれど、本当の自分は臆病だし、人を傷つけるし、可愛くない。

だからこそ、そんな醜い部分もさらけ出した上で「四宮かぐや」という人間を好きになってほしい。

かぐやの求めているロマンティックは、「心を隠さない関係性」にあるのです。

 

【かぐや様は告らせたい】念願の白銀からキッス!?

白銀とかぐやの仲が険悪のまま、世間はクリスマスムード一色に。

藤原書記の自宅で開催されたクリスマスパーティーから抜け出した白銀とかぐやは、お互いの本音をぶつけあいます

好きな人には隠し事をしたくない」と主張するかぐやと、「好きだからこそ自分の弱い部分は見せたくない」という白銀。

双方主張がぶつかりあいますが、白銀がかぐやに用意したクリスマスプレゼントの箱が空いたのをきっかっけに、お互い我に返ります。

こんな筈じゃなかった。イブの夜はもっとちゃんとした場所で四宮と・・・

と、イルミネーションもない、ムードの欠片もないクリスマスの夜を嘆く白銀。

「でも」と、かぐやは否定します。

男女が2人、イブの夜に公園にいる、こんな普通の状況だって十分ロマンティックだと。

ベンチで隣同士に座り、かぐやがそっとおねだりします。

こういう時普通どうするんですか・・・?

しばしの沈黙の後、白銀が動きます。

・・・普通でいいならやっぱこうじゃないか?

こうして氷かぐやが願っていた好きな人からのキッスは実現したのでした。

 

まとめ

コミックス15巻分、話の数にして150話もかかって、ようやく2人の気持ちが結ばれる瞬間が訪れました!

かぐやがずっと思い続けてきた「普通の恋」が実を結んだのです。

これにて恋愛頭脳戦も終わり?

しかし、2人にはかぐやの父親の存在、留学問題等今後もたくさんの壁が待ち構えていそうなので、ラブラブな恋人同士になったとしてもまだまだ目が離せません!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です