【かぐや様は告らせたい】白銀家の父はキャラ濃すぎ!?初登場から強烈なインパクト!御行パパの理解できない行動とは?本当は家族想い?

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたいには、個性的なキャラクターがたくさん登場します。

その中でも、主人公・御行の父であり、不定期に登場するにも関わらず、毎度強烈なインパクトを残していく御行パパについて注目してみました!

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】白銀家の家族構成

白銀家はパパ、長男・御行、長女・圭の3人家族です。

御行は本作の主人公であり、秀知院学園高等部の生徒会長、テストでは学年トップを獲り続ける優等生です。

妹の圭は御行の3歳下で、秀知院学園中等部に在籍中、おまけに生徒会の会計も務めるというこちらもなかなかの優等生です。

さて、そんな兄妹のパパはどれほどすごい人なのかと言えば・・・職業不定

作中では仕事に精を出している様は一切描かれず、フラフラしているプー太郎にしか見えません。

 

【かぐや様は告らせたい】職業不定の親父登場

パパが初登場したのは、かぐやが御行のスマホに電話をかけたにも関わらず、御行が入浴中だったためにパパが勝手に出てしまう、というシチュエーションでした。

表情は真面目なのに、お茶目なことをするパパとしていきなりの登場でした。

電話に出たのがパパだと分かったかぐやは焦って「白銀さん(御行のこと)は・・・?」と聞きますが、パパに「私も白銀です」と返されてしまい、もうあたふた。

後々御行から「うちの父はああいう感じのやつなんだ」と謝られています。

この時から、パパが曲者?という疑惑が読者にも伝わっていたことでしょう。

 

【かぐや様は告らせたい】未だに離婚しない理由は?

白銀家は、父子家庭です。

御行の話によると、母は「幼稚園、小学校と立て続けに失敗してから、自分に興味を失くしていった」「家を出たとき、受験に成功した妹だけ連れて行った」とされています。

ですが、現時点で妹の圭は母親と一緒には暮らしていないので、パパがなんらかの事情で引き取ったか、もしくは圭本人の希望により自宅へ戻ったと推測されます。

これで子供2人は父親の元に残り、母だけ出て行ったというのが長年続いているわけです。

離婚しない理由については、御行から「もう観念して離婚届に印押せよ!」と言われても、「残念ながら俺はまだ妻に未練がある」とパパが答えているので、妻への愛情が冷めたわけではなさそうです。

ただし、パパの分析によると「7年半も避けられている」うえに、「たぶん年下の男と仲良くされてる」だそうなので、離婚しない確率よりも離婚する確率の方が高いと考えられます。

 

【かぐや様は告らせたい】体育祭でかぐやと接触

御行の体育祭を見にきた御行パパ。

秀知院学園内で生徒会長と崇められていても、パパにとって御行はまだまだ「尻の青いガキ」。

会長の仕事も、ボロを出さないよう必死なんだろう」というパパの独り言を聞きつけたかぐやは、「会長は立派な人です!」と反論します。

その時点でかぐやは反論した相手が御行のパパだとは知らないのですが、その場の雰囲気に乗せられてしまい、「どんなに御行を好きか」を語ってしまいます

さんざん愛を語った後に、件の人物が御行のパパだと分かるわけですが、パパは全てを知った上でからかっているので心配もしつつ息子の恋愛を面白がっています

 

【かぐや様は告らせたい】三者面談でかぐや父を代役!?

かぐやの父親は四宮財閥の総帥であり、かぐやとは離れて暮らしています。

総帥としての仕事が忙しいのか、それともかぐやに興味がないのか、本来は親が同席するはずの三者面談にも代役として早坂奈央(四宮家でメイドをしている愛の母親)を寄越す始末です。

そこへ現れたのが、御行パパ。

キャリアコンサルタントの資格を持っているという理由で、自ら父親の代役に名乗りを上げます

とはいえ、かぐやの進路はかぐや自身が自由に決められるものではなく、四宮財閥令嬢に相応しい進路が用意されているので、パパが進路相談で役に立ったというわけではなさそうです。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】本当は御行が心配?

真面目な顔をしておかしなことを平気で言うパパですが、常日頃努力している息子のことは気になっている様子。

体育祭を見に来たのも、息子のことを心配してこそ?

ただ、その真意はいまいち息子に伝わっていないようで、観客席にいる父親を見つけた御行に帰る様迫られていましたね。

親の心子知らずとは、まさにこのことでしょうか。

 

【かぐや様は告らせたい】参考にならない親父のアドバイス

御行パパ、父親なりに息子の悩み相談の相手になろうとするのですが、アドバイスが結構独特です。

例えば、かぐやの機嫌が悪いという御行の悩みに対するパパのアドバイスは、「女子には生理がある」というもの。

全く参考にならないうえに、公の場で言うには憚れる内容を言ってしまうパパなのでした。

 

【かぐや様は告らせたい】母との再会はあり得る?

御行パパが妻と再会する可能性はあるのでしょうか?

もしパパも含めて家族が一同に介する機会があるとすれば・・・

離婚届から妻の住所を推測?

御行の話から推測すると、パパは離婚届を持っているはず。

離婚届は住民票に登録している住所を記載するものなので、もし妻の捺印等が済んでいて、パパが記入するだけ・・・の状態であれば、その離婚届に書かれている住所が今の妻の居場所ですよね。

もし白紙の離婚届を御行パパが持っていて、妻に送る(手渡し?)するのであれば、どちらにせよ連絡先を知らないとできないわけですし・・・。

いずれにせよ、お互い居場所は把握していると思われます。

あとは妻の気持ち次第といったところでしょうか。

四宮家の力?

仮に妻の居場所が分からなくても、かぐやが使える四宮家の調査能力・ネットワークを駆使すれば調べることは造作もありません

仮に妻が「会いたくない!」とごねても、かぐやが交渉に赴けば、恐れをなして会うのを了承してしまいそうな気がします。

 

まとめ

以上、御行パパのエピソードをまとめてみました。

要約すると御行パパは

  1. 真面目な顔で人をからかう
  2. 息子である御行も扱いに困っている
  3. 表立って出ないが、息子を気にかけている

という人物です。

御行とかぐやの恋愛を応援してくれているようですし、家柄の差を気にする御行にとって必ずや味方になってくれるでしょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です