最新ネタバレ『名探偵コナン』1039-1040話!考察!平次を巡る和葉と紅葉の恋のバトル!?

スポンサーリンク

前シリーズは鑑定番組で1憶円の値がついた堆黒盆を巡る殺人事件でした。

伯父の別荘で見つけた年代物の小皿の鑑定を依頼をした阿笠博士は、コナン、灰原と一緒に鑑定結果を聞きに行くため鑑定士の西津さんの家へ向かいます。

そこへ幼児化してしまった母メアリーの体を元に戻す薬を手に入れるため灰原に探りを入れたい世良と、世良から母メアリーの安否を確認したい昴(赤井)も一緒についてくることになりました。

事件はコナンたちの活躍で無事解決しました。

一方で、灰原に探りを入れる世良とそれを阻止したいコナンの静かな攻防が繰り広げられる中、イギリスというヒントから「領域外の妹」の意味に気づいたコナンは、メアリーがSIS(イギリス情報局秘密情報部)所属と推理をします。

そして世良との会話で昴は、母メアリーの体が幼児化している可能性に気が付きます。

世良も昴の漏らした「50:50」という言葉から、昴の正体に疑惑を抱いたようです。

新シリーズでは平次に恋する紅葉が紅の修学旅行以来の登場です!

これは平次、和葉、紅葉の間に一波乱起こりそうですね。

 

スポンサーリンク

『名探偵コナン』1039話!のネタバレ

青山剛昌「名探偵コナン」1039話より引用

それでは『名探偵コナン』1039話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

久々の登場、紅葉&伊織

青山剛昌「名探偵コナン」1039話より引用

高級車で移動中、優雅にお茶を楽しむ紅葉お嬢様。

紅葉の頼みで伊織が再生ボタンを押すと、「何でも言うこと聞いたるわ!!」と録音された平次の声が流れました。

それを聞いて、紅葉は頬を染めて嬉しそうに微笑みます。

2人の間に一体何があったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

蘭へ届いた紅葉からのメール

青山剛昌「名探偵コナン」1039話より引用

場面は変わり毛利探偵事務所では、夕食のメニューに悩む蘭。

財布からジンギスカンの割引券を見つけ、夏バテ防止に精を付けなきゃと喜んでいた時、蘭の携帯へ紅葉からメールが届きました。

二人はメアドの交換をしていたんですね。

メールには工藤新一に解読して欲しい暗号があると、4枚の画像が添付されていました。

紅葉は新一の連絡先が分からないため、蘭へメールを送ったようです。

 

送られてきた4枚の暗号

青山剛昌「名探偵コナン」1039話より引用

送られてきた4枚の暗号は資産家のお屋敷に長年勤めていて先日亡くなった家政婦さんが、4人の息子へ1枚ずつ送ったものでした。

生前ご主人様に頂いたすごい宝物を息子たちに譲りたい彼女は、息子たちが力を合わせて宝物に辿り着いて欲しいと思い作った暗号だそうです。

しかし、4人が互いに暗号を送り合った後、突然長男の音信が途絶えてしまい宝物の在り処で何かトラブルがあったのではと3兄弟から資産家へ問い合わせがあり、その資産家と縁のある大岡家へ暗号解読を依頼されたそうです。

新一と直接話すのはまだちょっと恥ずかしいからと、蘭はメールで暗号を送ります。

2人は修学旅行以来まだ電話では話していないんですね。

 

元太は甲殻類アレルギー!?

青山剛昌「名探偵コナン」1039話より引用

蘭から新一宛のメールを受け取ったコナンは、少年探偵団と一緒に阿笠博士の家にいました。

暗号とにらめっこをしているコナンですが、解読の手がかりはまださっぱりのようです。

そんな中、エビのせんべいを食べた元太がかゆいと言い、灰原から甲殻類アレルギーの疑いがあるからもう食べちゃダメと言われてしまいます。

そして子供たちの会話から灰原が呟いた「足し算引き算」に反応したコナンは、もしかして暗号解読のヒントを掴んだのでしょうか?

 

恋の駆け引きを仕掛ける紅葉

青山剛昌「名探偵コナン」1039話より引用

遡ること3時間前、大阪。

平次と和葉が通う高校の前で待っていたのは紅葉と伊織でした。

平次に頼みたいことがあると言って紅葉が渡したのは、蘭に送った暗号と同じものでした。

暗号解読に乗り気でない平次に対して「やっぱり平次君にも解けませんか…」と呟く紅葉にカチンときた平次は、売り言葉に買い言葉で「何でも言うこと聞いたるわ!!」と言ってしまい、まんまと伊織に録音されてしまいました。

紅葉が指定したのは3時間後に東京の杯戸中央ビルの屋上ですが、新幹線ではとうてい間に合いません。

時間がないと焦る和葉に手配済みの羽田行き飛行機のチケットを渡し、来なければ紅葉の勝ちだと伊織は告げます。

ここまで言われたら、2人は東京へ行かざるを得ませんね。

 

コナンと平次の推理勝負開始?

青山剛昌「名探偵コナン」1039話より引用

コナンと蘭が指定された杯戸中央ビルの屋上へ着くと、そこには平次と和葉がいました。

和葉の悪い予感は的中したようで、紅葉が新一へ暗号解読の依頼をしたことを蘭から聞きます。

今回は平次に勝ちを譲ってくれるようお願いしようとした和葉ですが、その時突然「そらルール違反とちゃいますか?」と紅葉の声が聞こえてきます。

蘭が和葉の制服の胸元に何かが付けられていることに気が付き、取ってみるとそれはマイクとスピーカーでした。

それに向かって「コソコソせんと出て来ぃや!」叫び、入り口のドアをにらむ和葉でしたが、紅葉が現れたのは上空、ヘリでの登場でした。

まさか空からとは…!

詳しい話を教えろと急かす平次に対して、紅葉からの説明は一言だけでした。

「彼女は「フットボウル」…つまりサッカーの試合を…一度も観戦しはった事がなかったそうですよ?」

 

『名探偵コナン』ネタバレ1039-1040話のまとめ

青山剛昌「名探偵コナン」1039話より引用

新シリーズでは紅葉&伊織の主従コンビが久々の登場です。

そしてこちらもお久しぶり、東の高校生探偵vs西の名探偵の推理対決!

紅葉との賭けがかかった今回の暗号は、どちらが先に解読するのでしょうか?

そして資産家の残したお宝と長男の行方は無事掴めるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です