【五等分の花嫁】三玖(ミク)はやっぱりかわいい!ダントツの人気!三玖の可愛さ際立つ名シーンをご紹介!

スポンサーリンク

1人を選ぶことが難しい五つ子ヒロインの中で最も選ばれた、つまり人気投票第1位を獲得したのが三女の三玖

何故三玖が皆の心を惹きつけるのか…それはもちろん可愛いからです!

奥手な三玖がふとした時に見せるデレは卒倒もの!

今回は大人気、三玖の可愛さ際立つシーンをまとめました。

 

スポンサーリンク

【五等分の花嫁】ミステリアスな不思議キャラ

中野家の三女である三玖は、姉妹の中でも最も口数少なく感情もあまり表に出さないので、常にクールでミステリアスな印象です。

風太郎も初めは「こいつは何考えてるのかわかんねえ」と困惑していました。

一見ドライな印象を与えますが内面は熱く、戦国武将など好きなものを語る時にはとても饒舌になるギャップがあります。

強く言葉に出さないぶん顔で気持ちを表現することも多く、特に怒ってプクゥ~と頬を膨らませる顔がまた可愛いんです!

そして風太郎に対する恋の仕方もクールキャラならではの魅力があります。

自分に自信がなく恋にも奥手な三玖が、デレたり嫉妬したりと溢れる気持ちが表情に出てしまっている姿がたまらないのです。

やはりクールキャラのデレは攻撃力が高いですね。

 

【五等分の花嫁】人気投票では圧倒的1位!

三玖の人気を数字として知らしめたのが2018年に開催された『お嫁さんにしたいキャラクター人気投票』でした。

ここで三玖は見事1位を獲得

しかも僅差だった2位までと1000票近く差をつける圧倒的1位です。

このラブコメにおいて最初に風太郎にデレた三玖は、姉妹で最も良いスタートダッシュを切ったとも言えますが、口下手から溢れる多彩な表情や風太郎への真っ直ぐな想い、なかなか踏み出せないいじらしさなど、三玖の魅力が自然と多数の読者の心を惹きつけたのだと思います。

ちなみに春場ねぎ先生によると、読み切り版での三玖の人気は最下位だったようですよ。

ではそんな三玖の可愛いシーンをご紹介していきます。

 

【五等分の花嫁】屋上での「陶晴賢」

家庭教師になって間もないある日、風太郎の机に入っていたのは三玖からの手紙でした。

昼休みに屋上に来て。フータローに伝えたいことがある。どうしてもこの気持ちが抑えられないの」という内容。

こ…これは…。

三玖は恋している」との四葉の言葉を受けていた風太郎はドキドキしながらその時を待ちます。

そして本当に屋上に現れた三玖。

ずっと言いたかったの。…す…す

ドキドキ…。

陶晴賢(すえはるかた)

なんとまさかの「陶晴賢」!

三玖はその日の朝に風太郎が出した質問に対し答えが分かっていたものの、戦国武将好きだと隠していた姉妹の手前、その時に回答することが出来なかったので気になっていたようです。

しかしこの表情、告白そのものですからもう陶晴賢でもいいです。

 

【五等分の花嫁】最高の笑顔「責任取ってよね」

「陶晴賢」の一件で戦国武将が好きな三玖を受け入れてくれた風太郎。

そして歴史の勉強を通じて風太郎の懸命さを感じ、三玖は彼を認めるようになりました。

この時風太郎は、自分に自信のない三玖にも本当は4人と同じことが出来る、100点を取る潜在能力があるのだと三玖の可能性を引き出してくれたのです。

風太郎の言葉によって少し自信が持てた三玖は、四葉に続き勉強への意欲を見せ始めました

自分をそうさせた風太郎に三玖は、

責任取ってよね

最高の見開きです!

もう一生責任もって面倒見たいと思わせる最上の笑顔ですね。

それまでミステリアスな印象だっただけに、照れくさそうに純粋に笑うこの表情が素晴らしく際立ったシーンでした。

 

スポンサーリンク

【五等分の花嫁】破壊力抜群「オ、オムライス」

第5話では、意見が食い違う二乃との料理対決が繰り広げました。

料理上手な二乃が作ったのが「旬の野菜と生ハムのダッチベイビー」。

名前からも上級者臭が漂いますね。

対し三玖が作ったのは…ぐちゃっとした何かです。

始まる前は「すぐ終わらせるから待ってて」と強気だったわりに完成したのがそれですから、三玖はこれ以上なく恥ずかしそうにその料理の名を告げました。

オ…オムライス

自分の出来に恥ずかしさが堪えきれていない様子が破壊力抜群の可愛さですね。

料理下手という欠点もプラスになっちゃうのが三玖の可愛さなんです。

貧乏舌の風太郎が「どっちも普通にうまい」と言ったことで、嬉しそうな表情を浮かべる三玖も見逃せません。

 

【五等分の花嫁】突然の「私と付き合おうよ」

それは第38話、一花が所属する事務所の社長の娘を中野家で預かっていた時の出来事でした。

その時いた風太郎・一花・三玖・娘(菊ちゃん)で強制的にままごとをすることになります。

風太郎がパパ役で菊ちゃんが自分役、「ママはいらない」という菊ちゃんの脚本によって一花と三玖はパパに惚れている事務員役に。

意外にも三玖はうってつけの役が付いたことや、一花の気持ちを知る機会としても積極的に参加していきます。

その中で菊ちゃんの本音に寄り添う風太郎を見て、三玖は自分の好きな風太郎を再認識するのです。

すると―

私と付き合おうよ

突然の告白!しかも風太郎の服を掴みながらというのが反則です!

あの三玖があまりにも唐突に告白したので、一花も読者も度肝抜かれました。

しかしさらに驚いたのが風太郎の返事。

結婚しよう

なんとまさかのプロポーズ~!

思わぬ返事に顔を真っ赤にして狼狽える三玖も可愛すぎる!

しかし残念ながら風太郎はままごとの設定を継続していただけ。

三玖の告白は不発に終わったのでした。

でも「私は本気だから」と一花に宣言する三玖に大きな前進を感じました。

 

【五等分の花嫁】修学旅行で「私頑張ったんだよ」からの「好き」

修学旅行は風太郎との関係、姉妹の関係が大きく動いたイベントでした。

三玖はというと、旅行初日の昼食に風太郎に食べてもらうため自分で作ったパンを持ってきていました

しかしパンをきっかけに告白しようとする三玖を巡り激しい動きを見せるシスターズウォー。

結局そのパンが風太郎の手に渡ったのは旅行最終日の第84話でした。

日が経ちヘタったパンはすでに三玖が食べさせたかったパンの状態ではありませんでしたが、風太郎は躊躇なく口に運び「うまい」と一言。

自分が味音痴らしくロクな感想が言えないかもと前置きしつつこんなことを言いました。

お前の努力、それだけは味わえた

そして「頑張ったな」という風太郎の言葉に三玖は涙が溢れてきました。

私頑張ったんだよ

あれだけ気持ちを込めて作った最高のパンが渡せずにいたことは三玖にとって心残りだったと思いますが、この言葉で一気に報われたでしょう。

風太郎のことをもっと知りたい、自分のことも全部知ってもらいたい、そんな気持ちが溢れてくる三玖は、周囲の建物や橋など自分の好きなものを指差して説明していきます。

そしてその流れで風太郎を指差し

好き

ついに三玖が真っ直ぐに告白したシーンで、とても綺麗な見開き絵が印象的です。

勇気と自信を持って言った後の少し不安そうに風太郎の反応を待つ表情や、「知ってるぞ」という風太郎に対し愛おしそうに微笑む表情も最高でした。

 

【五等分の花嫁】風太郎の呼び方で嫁は三玖に決定?

三玖が花嫁になる可能性は大いにあります

花嫁が風太郎のことを「風太郎」と名前で呼んでいるのですから、唯一「フータロー」と呼んでいる三玖がまず候補になるでしょう。

他にも、花嫁の立ち姿がそれとなく三玖っぽい控え目な感じがしますし、家族旅行の際に風太郎が唯一見分けることが出来ていました。

修学旅行の告白への返事通り、風太郎はずっと自分を想い続けてきた三玖の気持ちや努力を一番知っているのです。

物語当初から恋心を貫き通している三玖がその想いを見事実らせ花嫁となるのか、引き続き期待して見守りましょう。

 

まとめ

クールな印象の三玖がふいに見せる素直な表情がとてつもなく可愛いということがわかりましたね。

風太郎との交流を経てだんだんと表情豊かに、そして積極的になっていく三玖はとても魅力的です。

意外と姉妹で一番ストレートな感情を持っていて、自分の気持ちに正直に、努力して少しずつですが確実に前へ進んでいる姿を皆応援したくなってしまうのではないでしょうか。

そんな1番人気を誇る三玖は姉妹の誰よりも先がけて1/8フィギュアが発売され、ヘッドホンに続きファンの間で大きな話題を呼んでいます

これがクオリティ高くて可愛すぎる!

フィギュアとなっても可愛すぎる三玖は、作中でもまだまだたくさんの表情を見せてくれるでしょう。

いざ花嫁へ、今後も注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です