最新ネタバレ『名探偵コナン ゼロの日常』TIME.39-40!考察!「心のこもったストラップ」の真の功労者は風見だった!?

スポンサーリンク

前回の日常は安室のおかしな噂のお話でした。

常連のJKたちから女性にしつこく声をかけている安室を見たとか、友達が買い食いを注意されたとか身に覚えのない噂話が聞こえてきました。

さらにラーメン小倉の店主からは銭湯で見かけて「タオルを湯船につけるのはマナー違反」と注意されたり、風見からは杯戸ショッピングモールで声をかけたけど気づかれなかったと言われます。

これ以上自身の好ましくない評判を流され目立たれるのは困ると判断した安室は、目撃情報を元に偽物の拠点を探し当てます。

偽物の正体はイタリアから来た観光客マッテオで、ナポリタンが食べられるお店を探すために色々な人に声をかけていただけでした。

今回の扉絵では、安室はノースリーブのシャツを着てRX-7に乗っています。

この衣装はもしかして、「名探偵コナン」のあの回に関係するお話でしょうか?

 

スポンサーリンク

『名探偵コナン ゼロの日常』TIME.39!のネタバレ

新井隆広「名探偵コナンゼロの日常」39話より引用

それでは『探偵コナン ゼロの日常』TIME.39!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

風見の趣味はクロスワード

新井隆広「名探偵コナンゼロの日常」39話より引用

対象を尾行をしながらクロスワードを解く風見。

イチョウ柄が特徴的大人気ブランドって、風見はフサエブランドを知っているんですね。

ちょっと意外でした。

クロスワードが好きな理由を「コツコツ積み上げる感覚が好きでね…」という答えはいかにも風見らしいですね。

その言葉通り常にクロスワードの本を持ち歩いて、ちょっとした隙間時間に一つ一つマスを埋めていっています。

 

地道な監視を続ける公安警察

新井隆広「名探偵コナンゼロの日常」39話より引用

今回のお話では風見の公安警察の仕事を垣間見ることが出来ました。

「今回も動きなし…尾行も張り込みも空振り続きか…」と呟く部下に対して、「手柄をあせるな…我々は対象が罠にかかるまで監視を続けるのみ…」と風見は答えます。

風見が別件で動いているところへさらに負担をかけてしまったのではないかと気にする部下に対して、「気にするな…我々公安捜査員一人一人はいわば縦と横のカギ…互いが綿密に連携してこそ見えない答えが出てくる…」と伝えますが、クロスワードを使った例えは部下には伝わりにくかったようですね。

 

スポンサーリンク

「心のこもったストラップ」のもう一つの真実

風見が「名探偵コナン」に初登場したのは「心のこもったストラップ」の回でした。

あの時風見が神奈川方面にいたのは協力者と接触するためだったんですね。

降谷からの連絡で13時14分高崎発の快速車両に乗り込むよう指示を受ける風見ですが、最寄りの藤崎駅着時間を調べてみると後5分しか時間がありません。

本編ではインカムで連絡を取りながら降谷からの指示を淡々とこなしているように見えましたが、実は切符を買う時間すらなく警察手帳を提示して改札を走り抜け、駆け込み乗車でドアにネクタイを挟まれ「駆け込み乗車はおやめ下さい…大変危険です…」と注意され、降谷からの電話に出ると「車内での携帯電話のご利用はおやめください…」とアナウンスに子供から指を刺されてしまいます。

目的の電車に乗るためにすごく苦労したんですね。

お疲れ様です、風見さん。

新井隆広「名探偵コナンゼロの日常」39話より引用

理由も分からないまま降谷の指示通りに車窓に息を吹きかけると「よしだゆうと」と文字が浮かび上がりました。

それは降谷が求めていた回答であったらしく、「悪かったな…」という一言で風見は電話を切られてしまいました。

 

クロスワードの最後の答え

新井隆広「名探偵コナンゼロの日常」39話より引用

降谷から「悪かったな…」と電話を切られ、「降谷さんがわからない…」と呟きながら座席に腰を下ろした時、先ほど分からなかったクロスワードの答えがふっと頭をよぎります。

今の時代ならスマホで調べればすぐに答えは分かりそうですが、それはしないんですね。

「緊張感から解き放たれた瞬間…ずっと出てこなかった単語がふいに出てくることがある…それが何よりうれしい…クロスワードの醍醐味だ…」という言葉の通り、分からない単語があっても調べずにあくまで自力で思い出す、それが風見のスタイルのようです。

「まぁいっか…降谷さんの役にたったのなら…」と呟き、クロスワードの完成というささやかな幸せを噛みしめる風見でした。

 

降谷と風見の強い信頼関係

新井隆広「名探偵コナンゼロの日常」39話より引用

後日、ポアロでは梓がクロスワードを解いています。

「屋根にとりつける風向きを知る道具とは?」の答えが風見鶏のことだと思うけど、答えが3マスしかなくて答えに困っています。

鶏を付けなくても同じ意味になるから答えは「風見」じゃないかと安室は教えます。

そして風見鶏から風見のことを連想したらしく、「いつも風に向かって走っている…そうだよな風見!」と降谷は心の中で呟きます。

突然の指示にも一生懸命対応する風見に絶大な信頼を寄せているんですね。

そして風見は今日も降谷からの指示で走り回っているようです。

「全く降谷さんは人使いが荒いな…」と思いながら。

 

『名探偵コナン ゼロの日常』ネタバレTIME.39-40のまとめ

新井隆広「名探偵コナンゼロの日常」39話より引用

今回は安室の日常というより風見の日常を垣間見た回でした。

いつもクールに仕事をこなしているように見えますが、降谷からの突然の指示に応えるために必死に走り回っているんですね。

36・37合併号~41号は「ゼロの日常」は休載で、次回からは「名探偵コナン」の連載へバトンタッチです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です