【五等分の花嫁】大好評だったアニメ版第1話!五姉妹とらいはの可愛さが光る神回をプレイバック!

スポンサーリンク

「五等分の花嫁」は2019年1月~3月にアニメ化され、全12話に渡り放送され大反響を呼びました。

ただでさえ可愛い五つ子たちが声や動きがついて可愛さ500%増!

大人気声優が名を連ねたことも大きな話題となりました。

原作とはまた違う魅力を持った今作は元々のファンだけでなく多くのアニメファンも魅了するものとなり、アニメから「五等分の花嫁」にハマった方も多いようです。

今回はアニメの大好評を予感させた第1話を振り返ってみましょう。

 

スポンサーリンク

【五等分の花嫁】アニメ化で人気急上昇!

「五等分の花嫁」は2017年から『週刊少年マガジン』で連載が開始され、五つ子がヒロインという目新しいラブコメの形は少しずつ注目され始めていました。

そこから一気に知名度を上げたのがアニメ化です。

マガジン読者のみならず広く知られることとなった結果、一躍人気が急上昇!

わかりやすいのがコミックの売上で、アニメ化辺りからエグイほど急激に伸びているんです。

そして10巻が発売された2019年6月時点で累計発行部数は560万部を超える大ヒット漫画に。

クライマックスを迎える後半に向けてまだまだ人気の上昇が予想されます。

 

【五等分の花嫁】結婚式で出会った頃の夢を見る

アニメでも始まりは結婚式

綺麗な花嫁が印象的に描かれ、彼女と出会った頃の夢を見る=これから彼女と出会った頃の話が始まるということが示されます。

原作り強めの色がついたことで、予めストーリーを知っているファンはその髪色から花嫁が誰なのかを予想しようとしました。

が、さすがに分からないように絶妙な色合いをしていましたね。

誰にしてもこの花嫁姿、可愛すぎます!

 

【五等分の花嫁】焼肉定食の焼肉抜き

そして始まった過去の物語。

原作同様、風太郎のこの言葉から始まります。

焼肉定食、焼肉抜きで

そしてこのメニューの意味がcv松岡禎丞で小気味よく語られます。

アニメから見始めた人もまず当時の風太郎の生活環境と性格がある程度把握できたのではないでしょうか。

 

【五等分の花嫁】五月に対する失礼な発言

いつも通りのお昼休みかと思いきや、その日風太郎は五月に出会います。

ここで五月がこの作品のヒロインだと思った方も多いでしょう。

出会いの悪さは物語の始まりの定番!ということで、出会って早々折り合いの悪さを見せた風太郎と五月

風太郎は自身とは真逆の“うどんに天ぷら5個デザートのプリン付き”という1000円以上の豪華昼食をとる五月に、こんなことを言い立ち去ります。

太るぞ

言われた五月は憤慨して赤面。

怒る五月の可愛さがさっそく視聴者に伝わったでしょうか?!

 

【五等分の花嫁】借金問題を解決するバイト

ナチュラルに五月を不快にさせた風太郎に、妹のらいはから電話がかかってきます。

話の内容は、家の借金が無くなるような割のいいアルバイトを父親が見つけてきたということ。

風太郎は「これでお腹いっぱいに食べられるようになるね」と明るく話すらいはのためにその仕事を受けることにしました。

相場の5倍であるというその仕事内容は、金持ちの娘の家庭教師

テストで100点をとれる実力の風太郎には余裕で受けられる仕事です。

 

【五等分の花嫁】五月への謝罪作戦

しかし風太郎はさっそく壁にぶち当たります。

仕事先の生徒が、先の食堂で揉めた五月だったのです。

デリカシーのない言葉を五月に放ってしまった風太郎は、家庭教師の仕事が無くなることを恐れまず五月に謝罪することにしました。

再び食堂で近づくことを企むも、五月の周りは4人の友達が囲んでいたので失敗

逆に五月と一緒にいたショートカットの子、そしてうさ耳の子に絡まれることとなりました。

さらに放課後五月を追いマンションまで追いかけるも、蝶のようなリボンを付けた子とヘッドホンをつけた子に警戒されてしまいます。

そして友達と思っていたその4人は五月と同じ部屋に帰っていったのです。

そこで五月を含め彼女たちは五つ子で、彼女たち皆が風太郎の生徒であることが明らかとなりました。

誰もが「こんな可愛い五つ子ありかよ~!」と叫んだはずです。

 

スポンサーリンク

【五等分の花嫁】四葉との部屋巡り

五月への謝罪もうまくいかないまま最悪の印象で始まった風太郎の家庭教師生活。

リビングに集まってくれたのはうさ耳の四葉だけでした。

そこで風太郎は四葉とともに姉妹の各部屋を巡ることになります。

五月→「嫌です!この街にはまともな家庭教師はいないのでしょうか

三玖→「嫌。この街には(以下略)

二乃→不在

一花→汚部屋

前途多難が窺えるエピソードでした。

 

【五等分の花嫁】ニ乃のもてなしの理由は?

二乃はクッキーを作っていました

せっかく五月以外の姉妹が机に揃ったのにお菓子パーティが始まるリビング。

警戒していた二乃も上機嫌で風太郎にクッキーを勧めます。

食べたら勉強するということで、早く仕事に取り掛かりたい風太郎は急いで頬張りました。

そして二乃から差し出された水で乾いた喉を潤すと―

バイバ~イ♪

二乃の笑顔とともに風太郎の意識が遠のいていきます

なんと風太郎は眠らされ、気づけばタクシーで自宅まで強制送還されてしまったのでした。

この一連で二乃がちょっとヤバい子だと印象付けられましたね。

 

【五等分の花嫁】五月がときめく上杉らいはの効果は絶大?

タクシーで帰された風太郎を妹のらいはが迎えに出てきます

らいはは付き添いで来ていた五月に「ウチでご飯食べていきませんか?」と提案。

しかし風太郎に咎められ、涙目になってしまいます。

これが超絶可愛い!!

この反則級の表情に五月もノックアウト。

五月は依然風太郎と不仲ではあるものの、らいはの可愛さあってか風太郎が中野家の家庭教師となることを認めたのでした。

 

【五等分の花嫁】結婚相手は誰!?

可愛い五つ子が登場し、この内の誰かが花嫁になることが示唆された第1回

最後に風太郎は花嫁とこの出会いの日を振り返り会話をするのですが、アニメでも花嫁の言葉は字幕で表現されるという慎重な対応でした。

この回の様子だけ見ると花嫁は五月なんだろうなと感じさせますが、果たして印象通りの展開になるのか、それが覆されるかどうかの緻密な心情のやり取りが「五等分の花嫁」の面白いところです。

美しい花嫁の姿がこの後の波乱の物語を期待させる第1話でしたね。

 

まとめ

第1話ですでに可愛さに悶える作品だと知らしめた「五等分の花嫁」。

元々五つ子やらいはが可愛すぎる作品ですが、動きや声が付くことによってさらにその個性が伝わってきました

それぞれ繊細に揺れ動く感情の機微がこの作品の本質ですが、声優さんたちの実力もありアニメではそういった部分が原作よりも伝わりやすいのではないかなと思います。

そしてアニメを観ることによって、原作での彼女たちもより鮮やかに映るはずです。

漫画でもアニメでも何度でも楽しめる「五等分の花嫁」は、その人気に応えアニメ第2期が決まっています。

皆で楽しみに待ちましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です