最新ネタバレ『名探偵コナン』1038-1039話!考察!ついに「領域外の妹」メアリーの正体が判明!?

スポンサーリンク

依頼した年代物の小皿を取りに行くため、鑑定士・西津さんの家を訪れたコナン、灰原、博士、昴、世良の5人ですが、西津さんは何者かに殺害されてしまいました。

容疑者は堆黒盆の鑑定を依頼した遠島さん、蝶野さん、坂巻さんの3人。

博士の目撃情報より、鶴のくちばしのところに血の跡が付いた堆黒盆が本物のはずですが、

3枚ともくちばしのところに血の跡はありませんでした。

本物の堆黒盆を特定するため目暮警部は鑑定士を呼ぼうとしましたが、東京中の鑑定士が明日以降でないと来られないという状況で捜査は行き詰まってしまいます。

そんな中、家政婦さんたちが持って来てくれた博士が鑑定を依頼した小皿をひっくり返した時、コナン、世良、昴は何かに気付いたようです。

本物の堆黒盆は一体どれでしょうか?

そして西津さんを殺害した犯人は誰でしょうか?

鑑定番組で1憶円の値がついた堆黒盆を巡る殺人事件、いよいよ解決編です!

 

スポンサーリンク

『名探偵コナン』1038話!のネタバレ

青山剛昌「名探偵コナン」1038話より引用

それでは『名探偵コナン』1038話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

本物の堆黒盆どれ?

青山剛昌「名探偵コナン」1038話より引用

血の跡の位置が博士の証言とずれていたのは、血の跡を真上に向けた状態で真横に裏返していたからでした。

改めて博士が目撃した通りに1時半の方向へ血の跡を向けてからお盆を真横にひっくり返すと、1時半の方へ鶴のくちばしが向いていたのは遠島基行さんのお盆でした。

しかし、決定的な証拠がないため遠島さんは犯行を認めません。

そこでコナンは、「犯人はあんなに長くて重いやりで鑑定士さんの頭を殴っている。おじいさんやおばさんは力がないから、槍を振り上げたらヨロけて畳がきしんで音がして気づかれてしまう」と話します。

コナンの発言に対して遠島さんは、「西津さんの補聴器は不具合を起こしていたから畳がきしんでも西津さんは気づかなかった」と言います。

しかし、皆が補聴器の不具合を知ったのは博士のメールが開かれていなかったということを聞いた時だったはずです。

しかも博士が補聴器の話をしたと気、耳に付けているのが補聴器だとは気づかなかったと言っていました。

これらの指摘でようやく遠島さんは自分が犯人だと認めました。

博士が見つけた小皿は残念ながら価値のあるものではありませんでしたが、小皿や博士が作った「聞こエンジェル」の不具合のおかげで、事件は無事解決しました。

 

犯行の理由は娘の手術費用

青山剛昌「名探偵コナン」1038話より引用

犯行の理由について遠島さんは、娘の難病を治す手術のためにあと五百万円必要だったと告白します。

殺すつもりはなく、遠島さんが持って来たお盆が本物ではないと言われ、ついカッとなって殴ってしまったようです。

しかし昴から「あなたのお盆でも十分だったと思いますよ?本物には敵わないが数百万の値がついたかと…」と聞かされ頭を抱え青ざめてしまいます。

必要な手術費用は最初から自分の手元にあったのに、皮肉なものですね。

 

スポンサーリンク

本物の堆黒盆の持ち主は?

青山剛昌「名探偵コナン」1038話より引用

本物の堆黒盆の持ち主ですが、犯行当時は西津さんの手元にあったので、本物の堆黒盆が入っていた箱は空だったはずです。

そして西津さんを殴った時に飛散した血液は箱のところまで飛んでいて、箱やお盆にも血が付いています。

よって本物の堆黒盆は、箱の中の座布団の真ん中に血が付いていた蝶野さんの箱に入っていたことになります。

 

メアリーの正体はイギリス情報局秘密情報部(SIS)!?

青山剛昌「名探偵コナン」1038話より引用

「領域外の妹」のsister(妹)から領域の略称terを外すと残る文字はSISになります。

SIS(シークレット・インテリジェンス・サービス)はイギリス情報局秘密情報部のことです。

コナンのこの推理はネットですでに噂されていた説なので、見聞きした方もいらっしゃるかと思います。

コナンはその推理を確かめるため昴に声をかけますが、「大丈夫…大体の予想はついている…」と答えて工藤邸へ戻って行きました。

昴も世良の言葉から母メアリーが幼児化していることに気付いたようです。

コナンが赤井に自身の正体を明かしたくないように、赤井も母メアリーがSIS所属であることを話したくなくて、コナンとの会話を避けたのかもしれませんね。

赤井の口グセ5050は父務武の口グセが移った

青山剛昌「名探偵コナン」1038話より引用

赤井が時々口にする50:50(フィフティフィフティ)は、元々父務武の口グセだったようです。

先週号で世良が昴の50:50という言葉に反応していたのは、父務武の口グセをまねて話している母メアリーから聞いていたからなんですね。

この言葉がきっかけで、世良は昴の正体に疑問を持ち始めたようです。

以前にも50:50という口グセがきっかけでジョディやキャメルに正体がバレているので、昴の時はこの口グセは使わない方が良さそうですね。

 

『名探偵コナン』ネタバレ1038-1039話のまとめ

青山剛昌「名探偵コナン」1038話より引用

32~35号までは作者取材のため休載で、次の連載は36・37合併号となります。

今シリーズではついにメアリーの正体や赤井務武が組織に関わったきっかけが明らかになりました。

次のシリーズではどんな謎が明らかになるのでしょうか?

ラムの正体や黒田管理官が安室に言った大事の前の意味、工藤邸で安室、赤井、工藤夫妻が対面したあの夜の会話の内容等気になることはたくさんあります。

それとも、そろそろ平次と和葉のラブの予感がやってくるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

(Visited 171 times, 21 visits today)

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です