【五等分の花嫁】長女気質の一花は最恐の小悪魔!?女優を夢見る一花の性格は?風太郎に対して溢れる想いとは?

スポンサーリンク

個性的でキュートな五つ子の長女にあたる一花は、誰よりも姉妹を見守っているお姉さんであり、自分の学業と夢も両立し続けている努力家の女の子です。

そして風太郎に対し抑えられないほどの気持ちを抱える彼女は、姉妹の風太郎争奪戦を変化球で揺らす注目キャラクターでもあります。

そこで今回は一花の夢や風太郎への想いなど、一花に関する重要なエピソードを交えながら改めて彼女の魅力をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【五等分の花嫁】一花のプロフィール

中野一花は五姉妹の長女

長女としての包容力と女性としての小悪魔的な性格を持ち合わせた魅力的な女の子です。

それはお姉さん的な色気と余裕を感じさせ、男子にも一番モテるようです。

好きなものは塩辛という渋さで、五教科の中では数学が得意。

風太郎のことは「フータロー君」と呼んでいます。

 

【五等分の花嫁】みんなの頼れるお姉さん

一花の魅力のひとつが包容力なのですが、長女である一花は五つ子の中でも常に「お姉さん」であるという意識を持っているようです。

日頃から姉妹の事を気にかけているため姉妹の機微をいち早く捉えることが多く、いつもそれとなく話しかけたりアシストしたりしています。

そのスタンスは風太郎に対しても変わりません。

困ったらこの一花お姉さんに相談するんだぞ

この「お姉さん」としての洞察力が風太郎にも「俺や五つ子に対しても分け隔てなく見る冷静な目を持っている」と評価されています。

しかしお姉さんだからこそ、自分の気持ちを押し込めてしまうという部分もあります。

 

【五等分の花嫁】唯一のショートヘア

一花の髪型は姉妹で唯一のショートカット

髪色は薄いピンクで、右耳につけているピアスも特徴です。

制服はシャツのボタンを開けて上着を腰に巻いていており、一般的にはボーイッシュになるショートカットをセクシーに取り入れています

 

【五等分の花嫁】面倒見は良いのにズボラな性格?

みんなの頼れるお姉さんとして面倒見の良さを見せる一花。

しかし自分の生活となるとかなりズボラで、部屋はぐちゃぐちゃのいわゆる汚部屋

物の扱いも雑。

服がどこにあるかも分からない状態で、寝る時はほぼ裸なんです。

引っ越してからも一花の布団の周りだけゴチャゴチャしています。

学校の皆には完璧そうな印象を持たれている一花ですが、実は私生活はだらしないというギャップがひとつの魅力でもあります。

 

【五等分の花嫁】新人女優として少しずつ前進

一花は駆け出しの新人女優

「一人前になるまで」と始めは姉妹にもその活動を隠していましたが、花火大会の日に風太郎にバレ、彼の助力もあり五姉妹全員に打ち明けました

気持ちが晴れた彼女は夢へ向かい改めて強く踏み出し、今では姉妹の応援の中、学校と仕事を両立させています。

それまでは名も無き脇役ばかりでしたが、その後には映画にも出演するほど順調に仕事を増やしており、少しずつですが女優として前進しているのです。

姉妹が引っ越した後は家賃などの生活費を支えるため、小さな仕事まで寝る間も惜しむほどコツコツこなしています

 

スポンサーリンク

【五等分の花嫁】風太郎への独占欲が増す一花

風太郎への想いは花火大会の日から。

花火大会の日に一花の夢を知り反対しつつも応援してくれた風太郎に信頼を抱くようになるのですが、その気持ちが恋心として徐々に大きくなっていくのです。

しかし一花は三玖の気持ちを知っているため自分の想いを積極的に主張することはありませんでした

むしろお姉さんとして三玖を応援していたくらいです。

しかしどうしても自分の気持ちを断ち切ることも出来ず、自分たちと風太郎の関係の現状維持に努めるようにしていました。

それは三玖を応援しつつも邪魔をしているような矛盾した行動であり、一花の心の葛藤が体現されているとも言えます。

二乃が風太郎に好意を抱き始めると、その現状維持も難しくなってしまい一花はさらに苦しむことに。

しかしある日四葉に「我慢しないで好きなことを」と言われた時に、一花は“風太郎を誰にも取られたくない”という自分の気持ちを素直に受け止めたのでした。

その結果、登校時にひとり風太郎を待ち伏せていたり、「他の子のこと話さないで。私だけを見ていて欲しい」と願うなど、独占欲が抑えきれなくなっていったのです。

 

【五等分の花嫁】テストで三玖を越える

一花の想いが表立ったのはまず二年生の期末テストの時。

それまで自分の気持ちを表に出さないよう努めていた一花でしたが、風太郎に想いを寄せていた三玖だけは一花の変化にいち早く気づいていました。

三玖は曖昧を貫く一花に対して「試験結果が姉妹の中で一番になったら風太郎に告白する」と宣言します。

その時の一花はいつものように笑顔で「頑張ってね」と声を掛けるのですが、三玖が風太郎への恋で変わっていく様子を目の当たりにした一花は焦りを感じました

そこで一花は仕事の合間や寝る間を惜しんで勉強し、なんとしれっと姉妹で一番の点数を取ってみせたのです。

一花の想いの強さを感じるとともに、明確に三玖のライバルとして立ちはだかった印象深いシーンでした。

 

【五等分の花嫁】好きをこじらせてホラー化?

風太郎への気持ちに正直になった一花を表すのに衝撃だったのは、74話で一花が三玖に変装していた時

その時の変装の理由はクラスメイトから身を隠すためだったのですが、偶然風太郎に出会った一花は、一花だと気づかず話しかける風太郎に思わずこう言ってしまうのです。

一花、フータローのこと好きだよ。凄くお似合いだと思う。私応援するね

それは風太郎に対する二乃や三玖の真っ直ぐな姿勢や「我慢しないで」という四葉の言葉を受け、気持ちを解放した一花が選んだなりふり構わない行動でした。

嘘じゃないよ」と告げる一花の目はもう正気には見えませんね。

一花は「今がいつまでも続くとは限らない。後悔しないように」と当初三玖に言っていた言葉を自分に対して抱くようになり、それからは振り切れて姉妹を蹴落とすほど積極的に抜け駆けすべく動くようになります

 

まとめ

長女だからこそ自分の気持ちを出さず皆を見守ってきた一花。

どんな時でも五姉妹を守るお姉さんであろうとして常に自分の気持ちをセーブしてきた彼女は、笑顔の裏に我慢や悩みなど人知れず抱えているものがあったでしょう。

そんな中で“お姉さんとしての一花”ではなく“等身大の一花”を見てくれる風太郎は一花にとって、誰よりも自分を押し留めてきたからこそ誰よりも本当の自分を見てもらいたいと願う特別な存在なのでしょう。

それは単に好きというだけではなく依存に近い気持ちを風太郎に寄せているようにも見えますので、「誰にも渡したくない」という独占欲を強く持ってしまうのは仕方ないのではないかと思います。

風太郎にも姉妹にも良い印象を与えないほど暴走していた一花でしたが、修学旅行編にて姉妹と分かり合い、五姉妹の絆の中で自分の気持ちに一区切りつけたように見えます

今後風太郎とどう向き合っていくのかが新たな楽しみとなりましたが、どうにかして報われて欲しい、幸せになって欲しい、そう応援したくなる魅力的なキャラクターですね。

 

スポンサーリンク

(Visited 4 times, 1 visits today)

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です