最新ネタバレ『名探偵コナン』1034-1035話!考察!四つ葉のクローバーの行方は?

スポンサーリンク

自然と触れ合う授業の下見のため群馬へ山菜取りにやって来た少年探偵団と小林先生、若狭先生は、現地の教師で今回の事件の犯人である善田先生の車に乗って山菜が取れる山へ向かいました。

山菜取りを楽しむ少年探偵団たちでしたが、車を停めているすぐ側の木の根元に到着した時にはなかったはずの遺体が現れます。

しかも被害者は善田先生の婚約者でその正体は結婚詐欺師でした。

当然善田先生は警察から真っ先に疑われますが、歩美がずっと善田先生と一緒にいて遺体を運ぶことは出来なかったことを証言しました。

しかし、善田先生の右腕についた不自然な汚れに気付いたコナンは彼女のことを疑います。

そして歩美が探していた四つ葉のクローバーがヒントとなり、コナンは事件の真相にたどり着きました。

果たしてコナンが見破った遺体出現のトリックとは?

 

スポンサーリンク

『名探偵コナン』1034話!のネタバレ

それでは『名探偵コナン』1034話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

探偵役は山村警部

今回の探偵役にコナンが選んだのは山村警部でした。

彼は何度か麻酔銃を打たれているので、妥当な人選ですね。

若狭先生の前で麻酔銃を使いたくないコナンは、山村警部の推理の矛盾を指摘しますが、別荘で見つかった女性が犯人だと思い込んでいる警部は全く聞く耳を持ちません。

諦めたコナンは警部へ麻酔銃を打ち、いつものように変声器を使って推理を披露します。

そして警部に同行している部下も頼りなく見えたのか、コナンは彼に推理の内容をメモするよう指示を出します。

推理ショーの絡繰りがバレないよう抜かりはないですね。

 

若狭先生の意味深な笑み

コナンが山村警部に麻酔銃を打ち込んだ瞬間、若狭先生の口元に笑みが浮かびました。

そういえば、若狭先生の前で麻酔銃や変声器を使うのは初めてですね。

「若狭先生の前では使いたくなかったけど…」と思いつつも仕方なく使っています。

過去にも使用を躊躇する場面はありますが、バーボンと判明した安室さんの前では麻酔銃の使用を止め、世良の前では麻酔銃を使いました。

コナンは世良のことを警戒しつつも赤井秀一の妹だと気づいており、組織の関係者ではないと確信をしているから、彼女の前では麻酔銃を使ったのではないでしょうか。

そして今回若狭先生の前でためらいつつも麻酔銃を使ったということは、世良と同様若狭先生に対して警戒心は抱きつつも、彼女がラムではないという確証がコナンの中にはあるということでしょうか?

それとも、コナンの中ではすでにラム候補は1人に絞られているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

事件の真相

今回のトリックは至ってシンプルでした。

人力で車のタイヤを動かし、車で隠していた遺体を出現させたと言うのが事件の真相です。

車を停車させる時、シフトレバーをロックせずギアをニュートラルの状態にしてタイヤが動く状態にしておけば、女性や子供でも簡単に動かすことが出来るようです。

タイヤ同士は繋がっているので、タイヤ1つを動かせば他のタイヤも連動して動き、人の力だけで車を動かすことが出来るというわけです。

そして車に大量に積んであった組み立てる前の段ボール箱は、車内から死体が見えないように準備したものでした。

最初からカーテンとかで窓を塞いでいたら不自然ですし、誰かが開けるかもしれませんからね。

同乗者にさりげなく窓を塞がせることで、トリックに気付かせないようにうまく誘導していますね。

 

四つ葉のクローバーは誰にあげる?

推理の過程で歩美に四つ葉のクローバーの場所を教えてあげるコナン。

無事四つ葉のクローバーを見つけた歩美ですが、善田先生が犯人と知り「四つ葉のクローバー先生にプレゼントしたかったのに…」と泣いてしまいます。

「私は人を殺してしまった悪い人だから、罰を受ける前に幸せなんかもらっちゃいけない」

と、四つ葉のクローバーの受取を拒否した善田先生は、「もっと幸せにしたい人に贈ってあげて」と歩美に伝えます。

その言葉を受けて歩美は「先生けっこードジだからお守り!」と若狭先生へあげることにしました。

「大切にするね」と受取りハンカチに包みますがその直後、若狭先生は子供たちの目を盗んで四つ葉のクローバーを風に飛ばしてしまいました。

彼女も善田先生と同じように、

「今はまだ幸せをもらってはいけない」

と思っているのでしょうか?

 

『名探偵コナン』ネタバレ1034-1035話のまとめ

アリバイ作りに利用した歩美に庇われて、ついに犯行を自供した善田先生。

「児童を犯行のアリバイ作りに使うなんて…まさに教師失格ですから…」

という彼女の言葉でこの事件は幕を閉じました。

24~27号は作者取材のため名探偵コナンは休載です。

4/28に開催されたサンデー文化祭で「今回のシリーズが終わったら沖矢と世良と灰原の話になる」と青山先生が話されたそうです。

ミステリートレインでもこの3人は接触していますが、あの時は黒の組織のメンバーも乗ってて灰原や世良が狙われていましたから、ゆっくり話す余裕はありませんでしたからね。

それぞれの関係に何か進展があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

(Visited 9 times, 1 visits today)

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です