最新ネタバレ『七つの大罪』304-305話!考察!処刑人は願う      

スポンサーリンク

聖戦再び!開幕!

エリザベスの死を阻止し、本来のメリオダスを取り戻すため「七つの大罪」連合軍は強敵の待つキャメロットへ!

精神世界でメリオダスを援護する「七つの大罪」。

魔神王は現世の彼らを攻撃するがゼルドリスが妨害、「魔神王」で無効化します!

 

スポンサーリンク

『七つの大罪』304話!のネタバレ

それでは「七つの大罪」304話のネタバレを紹介していきたいと思います。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

息子との対決

「何の真似だ。ゼルドリス!?」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

と魔神王。

「俺はメリオダスに用事があるのです。

父上にはどうかご退場願おう。

だが、その前に1つきいておきたい・・・。

あなたは俺とゲルダの仲を知ったうえで吸血鬼一族の処刑を命じたのですか?」

とゼルドリス。

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

「息子を病から救うための親心に気づかぬ愚か者め。お前は弱い。

弱さは病だ。

我を誰と心得る?

貴様に与えし、戒禁が逐一教えてくれたわ。

我にお隠れたつもりで吸血鬼の娘と逢瀬を繰り返していたこと。

われの命令に背き吸血鬼一族を処刑せず封印にとどめたこと。

そして、いずれは魔神王の座を奪い誰もが平穏に暮らせる魔戒など本気で考えていたことも・・・

下らぬ!従順だけが取り柄と多めに見てきたがここまでだな」

と魔神王。

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

と「刹那の隠者」をだします。

そしてそれがゼリドリスを襲います。

 

一方、神世界では

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

メリオダスが仲間の応援を受け精神世界の魔神王を圧倒していました。

ゴウセルは

「闇があっとうされてできた塊?計り知れない質量と威力だよ」

と感嘆の感想。

「ドルイドの修練窟でオイラの“コンデンスパー(養分凝縮)を元に彼が編み出したんだ。

でも団長の魔力ははるかに増した。

あの時の比じゃない」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

とキング。

「不思議なもんだな。

お前らが一緒にいてくれtると毛だけで力がわいてくる・・・・。

俺はもう大丈夫だ。あとはバンを助けてやってくれ」

とメリオダスは精神世界の魔神王にいます。

魔神王の攻撃にもひるまないメリオダス。

1一人1人メリオダスに感謝の気持ちをはなします。

エスカノールは

「団長、僕は面倒で夜は役に立たない男です。

それでもあなたのためならばこの命、喜んでかけます。

だってあなたは僕の命の恩人であり友人なんです」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

マーリンは

「団長殿!もし姉々を一瞬でもあきらめたらあの約束守ってもらうぞ」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

ゴウセルは

「団長!俺が心を取り戻せたのは“七つの大罪”みんなのおかげなんだ。

だからそのみんなを集めてくれた団長が戻ってきてくれなきゃ絶対だめだよ!」

キングとディアンヌは

「団長!キミとはちゃんと面と向かって話をして謝らせてほしんだ」

「“七つの大罪”“ドラゴン・シン”のメリオダスはさいきょうなんだからねー!」

「ああ、戻ったら酒でも見明かそう!全員でな!」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

最後にエリザベスが

「待っているから!」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

といいメリオダスは

「すぐにいく!」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

と答えました。

 

スポンサーリンク

そのころ地上では

セルドリスと魔神王が戦っていました。

「俺は今も魔神属を裏切ったお前が許せない。それででも認めなければいけないな。お前が持っていたものを俺はもつことができなかった。大切な存在のために世界を敵に回す覚悟だ」

「オミノストピュラ(凶星雲)」をだし、「刹那の隠者」を倒しました。

悔し紛れに魔神王が地面をたたきます。

「邪魔は排除した!貴様はメリオダスの体からとっとと魔神王を・・・」

といった瞬間体を閃光がつらぬきます。

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

それはさっき魔神王が地面を多々いときの衝撃で生まれたものでした。

地上ではマエルが「な、なぜだ!?ゼルドリスに魔力攻撃は効かないはず」といいます。

「忘れたか?その力は我が貸し与えた力だと」と魔神王。

もともと、魔神王の力だから効かないようです。

 

そして吹っ飛ばされたバンも

「てめぇ!!」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

という掛け声とともに、復活しました。

そしてセルドリスは

「メリオダス・・・きっと・・・お前ならすべてを・・・・変えられるはずだ。任せたぞ」

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

と薄れゆく意識の中で思います。

そして精神世界ではメリオダスが

「次で決める!」

といい、最後の戦いにつなぎます。

 

『七つの大罪』ネタバレ304-305話のまとめ

鈴木央「七つの大罪」304話より引用

メリオダスが復活しましたがゼルドリスが深手を負ってしまいましたね。

でも、地上では今回はあまり出番がなかったバンが頑張ってくれそうです。

仲間の応援ってすごいんですね。

精神世界で実態は地上にあるとはいえ応援して、されて約束をして。

大事なものですね。

きっと「七つの大罪」は絆が強いんですね。

ゼルドリスがメリオダスに手を貸して、魔神王と戦うなんていよいよ最終決戦のようですね。

メリオダスも力をつけ、魔神王を少しずつ圧倒しています。

仲間のお想いを受けとってた戦うメリオダス。

どんな決着になるのでしょう。

次回が楽しみですね。

また、もうすぐ最終回が近いと思います。

クライマックスですね!

楽しみですね!

どう戦い、どう決着するのかとても楽しみです。

どうなるのでしょうね。

気になるところではありますね。

いつみんなでお酒が飲めるのか、どんな藩士をするのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です