【はじめの一歩】鴨川と猫田の青春時代を描いた名エピソード戦後編!鉄拳を武器に挑んだ試合とは?2人の恋の行方は?

スポンサーリンク

はじめの一歩では、主人公・一歩の活躍や成長が中心として描かれていますが、もう一つのストーリーとして、鴨川と猫田の青春時代も見逃してはいけないストーリーの一つとして話題になっています。

今回は、鴨川と猫田の青春時代のストーリーについてお話します。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】戦後の鴨川と猫田

鴨川と猫田は、ボクシングの上でのライバルであり、戦争を共に過ごした戦友でもあります。

そして、戦後では2人の恋愛模様も描かれており、「ユキ」という一人の美しい女性の写真をきっかけに、鴨川と猫田の熱くギラギラとした関係も作品で描かれています。

戦後の日本、敗戦のショックから少しずつ復興していく東京で、拳闘家として戦い続ける鴨川源二とライバルの猫田銀八。

激動の時代を生きる二人に、ある事をきっかけに横暴なアメリカ人ボクサーにまざまざと見せつけられる「拳闘」「ボクシング」の力の差を感じさせられる2人と、日本人の誇りを胸に抱くユキという美しい女性との出会いによって、2人の絆が深まる瞬間が描かれています。

2人の関係は、今でも交流があり、猫田も鴨川ジムのボクサーの応援に行ったり、練習につきあったりと、フォローをしてくれるのですが、試合の話になるとお互いに根に持っており、取っ組み合いのけんかになります

取っ組み合いのけんかは誰に求めることは出来ず…

でも、ギャグシーンのように描かれており、コミカルに見ていて楽しめるシーンです。

こんなシーンから戦後のストーリーを見ると、グッとくるものを感じさせられます。

 

【はじめの一歩】2人が出会ったユキ

戦後に出会う一人の女性。

女性の名は「ユキ」

髪が長く、すごく美人の女性です。

ユキの事をしたっていた猫田。

しかし、ユキは鴨川に対して思いを募らせていました

そして、鴨川もユキに対して思いを募らせていたのでした

 

【はじめの一歩】ユキが抱える秘密とは?

鴨川と猫田との共同生活を始めていたユキさん。

実は彼女は病気に侵されていました

ユキは戦後の広島からやって来た女性で、「原爆病」を患っていました。

体がダルくなった後に目が見えなくなったり節々に痛みを感じるようになって死んでしまうという症状です。

原爆病の恐ろしさがあるため、核兵器は禁止されるべきと言われていますね。

核兵器の恐ろしさは、その破壊力だけではなく、何十年にもわたって原爆病の苦しみを味わう事になる…と言うのもあるでしょう。

 

【はじめの一歩】猫田VSアンダーソンの結果

猫田とアンダーソンとの試合は、猫田にとって致命傷となる試合となりました。

アンダーソンの反則打によって猫田のボクサー生命が断たれてしまったのです。

アンダーソンが繰り広げるラビットパンチ!

格闘技の常識として、後頭部への攻撃はご法度だと言われています。

拳闘の時代とはいえ、反則としてカウントされます。

それでも猫田は立ち上がります。

猫田にはパンチドランカー症状がありました

鴨川と対戦をした時に発症したもの…

猫田が立ち上がったのは、鴨川に対して負い目に思ってほしくなかったため。

「真っすぐに道を歩け!格闘家のみちを!!」

鴨川に対して放つ言葉は力強いものでした。

猫田のボクシングは、自分のために立ち上がるものではなく、誰かのために立ち上がるものだったのです。

猫田と鴨川の固い絆を感じることが出来るシーンです。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】対アンダーソンに備え鉄拳会得

猫田のボクサーとしての生命を奪ったアンダーソンに挑戦状をたたきつける鴨川。

「貴様を殴る拳が日本にはまだある!俺の拳が残っている!!」

この言葉は、鴨川の名言ですね。

 

【はじめの一歩】鴨川VSアンダーソンでの死闘

そして、アンダーソンとの試合で、鴨川は鉄拳を会得し、アンダーソンの肋骨を粉砕します。

鴨川自身も、左の拳が砕けてしまうのですが…

試合前から過酷なトレーニングをして拳を痛めた右の鉄拳が再びアンダーソンのボディへと入り、KO勝ちするのでした。

これによって、鴨川の拳も粉砕し、ボクサーとしての生命が断たれてしまいます

 

【はじめの一歩】生涯拳闘宣言とは?

ユキは猫田に寄り添って田舎に行くことになるのですが、鴨川に対しての想いがあり、伝えようとするのですが…

鴨川は猫田の気持ちを知っていたので、あえて突き放し、猫田と一緒にいることを言います

その際に拳闘の素晴らしさを語り、自分が愛しているのはこれ以外にはないと宣言をするのでした。

スポーツの、ボクシングの魅力をこれからもいろいろな人に伝えていきたいとユキに宣言をするかも側がカッコいいと思いました。

そして、しっかりと宣言通り、いろいろなボクサーに魅力を伝えることが出来ています。

 

【はじめの一歩】鷹村が王者になりユキの元へ

「鷹村」が世界チャンピオンになったことを鴨川は「猫田」の元にある「ユキ」の仏壇に報告しに行きます

「鷹村」は元から強かったので、鴨川の後継者ではないと思っていました。

なので、約束は半分果たされたという形で報告しています。

 

【はじめの一歩】一歩と共に行きたかった墓参り

本当の鴨川の後継者こそが一歩だったのです。

猫田はユキの仏壇に向かって「覚えていて欲しい。その男こそ、源ちゃん(鴨川)の拳を受け継いだ男」と言っていたシーンが作中にあったのがすごく印象的でした。

 

まとめ

鴨川と猫田の絆の深さをしっかりと感じた瞬間でもありました。

それにしても、今とは全然人相が違いますね。

写真を見た時に「髪がある」と言った一歩たちの言葉も、いろいろな意味で印象に残っています。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です