最新ネタバレ『ぼくたちは勉強できない』162-163話!考察!バレンタイン前の女子会!?

スポンサーリンク

成幸が文乃の家に来るようになってから1週間がたちました。

文乃は鏡の前に長い間座っておしゃれをしています。

少しでもいつもよりもきれいに見られたいと思っていたら、いつもと変わらないという成幸。

その真意は、いつもきれいだからいつもと変わらないということでした。

自分の気持ちに蓋をしていたのに、気づいてしまった文乃はドキドキが止まりません。

成幸は自分が怪我をさせてしまったという罪悪感だけで一緒にいてくれるのだと自分に言い聞かせる文乃。

 

スポンサーリンク

『ぼくたちは勉強できない』162話のネタバレ

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

それでは『ぼくたちは勉強できない』162話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

3人でチョコレートを作る約束をしたけれど

成幸との関係はみんなに秘密にしている文乃。

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

バレンタインのチョコ作りを受験勉強の息抜きにどうでしょう?と理珠が言いました。

最初はうるかの家でと言う話もありましたが、けがのこともあるので文乃の家でどうかなと言ううるか。

文乃は迷いましたが、成幸の喜ぶ姿を思い描きながら・・・もしかするともっと一緒になんかしてとつぶやいています。

もっと一緒に・・・って誰の話と二人に聞かれてギクッとする文乃。

慌てて何でもないと否定して・・・確かに息抜きは必要だからオッケーだよと答えます。

そーこなくっちゃ文乃っちといううるかと一度帰って準備してから行きますねと言う理珠。

帰り道文乃は松葉杖をつきながら、うきうきしています。

そうと決まったらやっぱり秘密にして驚かせたいし、帰ったら「今日は来なくて大丈夫」と

成幸くんにメッセージしとかなきゃ・・・喜んでくれるかなと思いながら帰宅しました。

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

すると掃除をしている成幸にお帰り!と出迎えられます。

既に成幸がいて驚いた文乃は買ってきたものを落としてしまいます。

成幸は気づかず、すぐに掃除終わらせちゃうから、そしたらすぐ勉強なといいます。

なんで私より先に家にいるのと驚く文乃。

成幸は親父さんが合い鍵の場所を教えてくれたといいます。

仲良し!?なに人の父親と、私が10年間埋められなかった溝を数週間で埋めてくれてんのと言う文乃。

いつも来てくれるのはもちろん助かっているんだけれど・・・と言ってもじもじしている文乃に、なんか問題でもあったかと尋ねる成幸。

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

「成幸くんの目の前で、成幸くんのことを好きな女子がお誘いあわせの上、成幸くんへのチョコを作るとか圧倒的に大問題でしょ!!!」

なんて、口が裂けても言えるわけないでしょ!!!

一人で震えたり、真っ赤になったりしている文乃を不思議そうに見る成幸。

それに何より、成幸が数週間うちに通ってくれているなんて、あの二人が知ってしまったら・・・。

とにかく今日のところはごめん成幸くん!

せっかく来てもらって申し訳ないけど今日はちょっとアレがアレだから・・・と言いながら押し出そうとします。

何だどうしたという成幸に、事情は後で説明を・・・と話していると、インターホンの音が・・・。

 

スポンサーリンク

こたつの中には成幸が

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

文乃っちの家久しぶりかも!そういえば・・・と張り切っている二人が、もう家の前にいました。

間に合わんかったー!!と絶望的な文乃。

何も知らない成幸は、ちょうどいいな、一緒に勉強と言っています。

とにかく隠れてという文乃。

二人はエプロンをしてやる気満々です。

早速始めましょうという理珠。

文乃はとりあえずキッチンでお湯を沸かしてもらってもいいかなとお願いします。

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

炬燵の中には何と成幸が暑い…と言って入っていました。

ごめんね!と謝り、今のうちに早く外へ・・・と言う文乃。

なんでこんなにコソコソする必要があるんだ!?

ただ単にここ数週間手伝いに来ていると正直にいえば・・・と成幸は不思議に思っています。

だからそれを言っちゃダメーと言う文乃。

変な誤解をさせてしまったら大変というか・・・。

誤解ってなにをと成幸に聞かれても、文乃はドキドキしてしまいなかなか言えずにいました。

すると失礼しますと理珠が・・・。

やはりおこたは和みますねと言って入ってきます。

うるかがお湯は自分一人で大丈夫だから、理珠は文乃の方を手伝ってあげてと言ったからでした。

脱出の機会が無くなってしまいました。

すると成幸は、よくわからないけれど・・・俺がいるのがバレると文乃が困るんだなと言います。

文乃はわかってくれたとうれし涙を流します。

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

こたつの中、理珠の足が成幸に触れてしまい、文乃の足にしてはみょうにがっしりしている・・・というのです。

慌てながら、最近ダイエットで筋トレしているとごまかします。

もうちょっと自分の方にと言う文乃に、あんまりくっつくのは・・・と遠慮している成幸。

今度はうるかがこたつに入ってきて・・・女3人水入らず、禁断の宴の始まりじゃーいというのです。

こたつの中は二人の足でいっぱいで成幸は逃げようと動いたので文乃は変な声を出してしまいました。

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

どーかしたのとうるかに聞かれますが、大丈夫・・・と答える文乃。

こたつの中では、文乃の膝に成幸が抱き着いていました。

成幸は文乃に触れないようにプルプル震えていたので、無理しないで体を預けていいからと言う文乃。

それよりも・・・これがうわさに聞く女子会ってやつだろ?

俺は終わるまで耳をふさいでいるから、文乃も全力で楽しんでくれよなと言う成幸。

そんな姿を見て文乃は、どんな時でも成幸が一生懸命なんだとしみじみ思いました。

あとどれくらいの時間、そんな君をこうして近くに感じていられるのかな?

 

スポンサーリンク

チョコレートを渡したい人は

突然理珠が、集まっておいていまさらですが、お2人は誰にチョコを渡す予定なのですかとストレートに質問してきました。

うるかは慌てて友チョコと言います。

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

文乃はそっと成幸の耳をふさいでいる手を緩め、大好きな人に渡して思いっきり気持ちを伝えることができたらどんなに素敵だろうって思うなと言いました。

二人が意外だという顔をして文乃を見ます。

もしもの話だととぼける文乃。

うるかも本当は好きな人に渡したいってずっと思ってたといい出します。

でもヘタレだから何年も渡せなくて嫌になってしまうといううるか。

理珠は誰にですか?と普通に質問するのでした。

実は私もですという理珠。

頑張っておいしいチョコを作りましょう。

するとうるかは理珠に好きな人がいることに驚いています。

全部知っている身からするとひやひやしちゃうと思いながら、成幸の耳をぎゅっと閉じる文乃。

少し考えて、うるかはついでだし二人には言っておこうかな・・・

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

この受験が終わったら。その瞬間好きな人に思いっきり告白しようと思っている・・・ずっと前からそれだけはきめているといううるか。

かっこいいとうるかに拍手をする理珠。

成幸はなんでと思っていますが、文乃はさらに耳をふさぎます。

わかっていたはずなのに・・・響くなぁ。

自分の気持ちを隠して、うるかに応援しているよと言う文乃。

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

二人が帰った後、文乃は汗だくになっている成幸に土下座して謝ります。

こっちこそごめんと言う成幸。

ほんとに会話は聞いていないからなと言います。

とにかく勉強しよう!

受験勉強もラストスパートだし、休んだ分も徹底的にやるぞ!

わかっていたはずなのに文乃はあらためて思い知ったのです。

ポケットにチョコを入れて・・・こうして二人でいられる時間はもうすぐ終わりなんだということを・・・。

 

スポンサーリンク

『ぼくたちは勉強できない』ネタバレ162-163話のまとめ

blank

筒井大志「ぼく勉」162話より引用

文乃はいつも二人に気を遣っています。

理珠とうるかは意外なくらい相手の気持ちに気がついていません。

もうわかっていてもおかしくないと思うのですが・・・。

バレンタインのチョコレートも、たぶん理珠は普通に渡して、うるかも照れながら渡すと思います。

文乃は作ったものの、渡すことができるのでしょうか。

学校では二人に気を遣って渡せないでしょう。

成幸が家に来てくれたら・・・もしかしたら今度こそ渡すことができるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です