最新ネタバレ『ぼくたちは勉強できない』161-162話!考察!ずっと続いてくれたらいいのに!?

スポンサーリンク

楠本公園のベンチで成幸にもたれかかっていた文乃。

この日、文乃は成幸のおかげで10年間逃げ続けていた家族と対話を果たすことができたのです。

文乃は成幸のことを弟のように思っていましたが、文化祭の花火のジンクスをきっかけに成幸のことを好きな自分を許したいと思っていたのです。

この日文乃は成幸に恋をしました。

センター試験の当日、文乃はわざわざ遠回りをして成幸と合流することに成功しました。

そこに犬が走ってきて、犬は二人を追いこして行くと車道に出ようとします。

間一髪犬を捕まえることはできましたが、成幸が手を滑らせて階段から落ちそうになりました。

そこで文乃は成幸の手を取り、代わりに自分が落ちてしまったのです。

ほっとする文乃。

怪我は捻挫でしたが、成幸に支えられて歩いていたのでうるかと理珠を見つけた時とっさに離れようとしました。

しかし成幸は、自分のせいでけがをさせてしまったからと文乃を離しませんでした。

成幸のことばかり考えていた文乃のところに、成幸が当たり前のように家にいたのです。

文乃にけがをさせてしまったのでサポートに通うという成幸ですが・・・。

 

スポンサーリンク

『ぼくたちは勉強できない』161話!のネタバレ

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

それでは『ぼくたちは勉強できない』161話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

一時間も悩んだヘアスタイル

怪我をしてしまった文乃。

なぜか鏡の前でおめかしをしています。

髪型をいろいろアレンジしています。

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

玄関のチャイムが鳴り、今日も成幸がやってきました。

文乃の父は今日も来たのかと言いながら成幸に迫っていきます。

くれぐれも間違いは・・・。

文乃は成幸とはそんなんじゃないから、妙なことを言わずに早く大学に行ってと言いました。

しかし文乃は一時間も鏡の前で悩んでいたのです。

一生懸命巻いた髪も、起抜けでぼさぼさだと照れ隠しに言ってしまいます。

すると成幸は全然いつも通りだから心配するなと笑顔で答えます。

少しイラっとする文乃。

 

スポンサーリンク

過保護すぎる成幸

怪我のお詫びにと成幸が家までサポートしに来てくれるようになってから一週間がたちました。

勉強も教えてもらっていますが、成幸が異様なのです。

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

消しゴムを落としてしまっても、ものすごく大事なもののように全力で拾ってくれて、お昼にサンドイッチを作ってきてくれます。

普通に食べようとしていたら、急いで食べて怪我に響いたらどうする・・・自分が責任をもって食べさせるから文乃は勉強に集中してくれと言います。

それはいわゆるあーんと言うやつではと文乃が照れてもじもじしていると、突然成幸はお姫様抱っこをします。

文乃がトイレに行きたいのだと勘違いしていました。

文乃は怪我をしているのは足なのだからそこまでしなくてもいいといいますが、成幸には聞こえていません。

次は怪我の治りにもいいというスムージーをつくり始めるのです。

文乃はドキドキしていました。

過保護なんだけど、真剣な表情がちょっとだけカッコよく見えて心臓に悪いのです。

blank

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

もし成幸と結婚してたら毎日がこんな感じなのかと妄想して真っ赤になる文乃。

そんなことありえない、何考えているの馬鹿じゃない・・・りっちゃんやうるかちゃんのこともあるし・・・。

それに成幸は文乃に好意があるわけではなく、ただ怪我をさせた責任感でここにいてくれてるだけで・・・。

もし文乃が怪我をしていなかったら、そばにはいてくれないのかなと思ってしまう文乃。

成幸に声をかけられていることに気がつかず、あわてて手を伸ばしてし、手を滑らせてしまいます。

blank

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

成幸特製のスムージーを頭からかぶってしまう文乃。

 

スポンサーリンク

恋人みたいと嘘でも言ってほしい

洗面所で考え事をしていた自分が悪いのと謝りながら髪を吹いていましたか、やっぱり少し拭いたぐらいでは、まだべたべたが取れません。

ちゃんと頭を洗わなきゃいけないというと、成幸が外に出ているからと言って出て行こうとかすると、文乃は思わず成幸の洋服をつかんでしまいました。

どうしたという成幸に、頬を真っ赤にしながら足痛いかも・・・と言う文乃。

blank

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

バスタブに前かがみになって髪を洗ってもらう文乃は幸せそうです。

照れ臭そうにかゆいところはないかと成幸は尋ねます。

文乃は自分のことを意地悪だと思っています。

成幸のやさしさに付け込んで、わがままを言っているのです。

この怪我が治るまで・・・それまで少しだけ成幸を独り占めで来たらと思っています。

本当はこんなことしても何の意味もないのに…もどかしい。

成幸はしっかり洗ってくれながら、せっかくきれいな髪形にしていたのにごめんなと言います。

文乃は成幸の意外な言葉がうれしくてわざと、いつも通りって言ってたくせにと言います。

blank

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

でもそれは文乃がいつも通りキレイと言う意味だと成幸は答えます。

言ってから慌てふためく成幸。

変な意味ではなく、俺なんか触って申し訳ないというか・・・毎日髪をきれいにするのは大変なんだろうという成幸。

乙女は毎日が戦争ですと言いながら、成幸にきれいと言ってもらえたら…なんて考えるようになってからはそんなに苦にはなりませんでした。

こうして髪を洗っていると、床屋さんと客みたいだなと笑う成幸。

すると文乃は、こういう時は嘘でも「恋人同士みたい」って言ってくれたらいいのにと言ってしまいます。

blank

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

成幸にえっと言われ、慌てて否定する文乃でしたが、足が痛んで滑ってしまい成幸の方に倒れてしまいます。

シャワーのお湯がかかりながら濡れてしまっている二人。

ドキドキしながら、今のは乙女心練習問題だよとごまかそうとしている文乃。

 

わかっているけれど、これは本当に・・・と言ってごめんと成幸は目を背けます。

何か変なことをしているのかと思う文乃です。

blank

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

しかし成幸が目を背けたのは・・・一刻も早く着替えた方がという言葉に文乃がようやく気付きます。

 

夕方成幸は夕食まで作って帰るところです。

お父さんの服まで借りてしまって・・・。

文乃こそ恥ずかしいところを見られてしまいましたが、今日も一日ありがとうと伝えます。

また明日と変える成幸に、また明日という文乃はなんだか寂しそうです。

また明日・・・か。

blank

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

この怪我が治るまで・・・出来たらその先も、こんなまた明日がいつまでもずっと続いてくれたらいいのにな…と思う文乃でした。

 

スポンサーリンク

『ぼくたちは勉強できない』ネタバレ161-162話のまとめ

文乃は本当に気持ちに気がついたのは、センター試験のころでしたが、きっとずっと前から成幸のことが好きで気持ちにブレーキをかけていたのではないでしょうか。

好きだと自分の気持ちに確信を持ってから、一気に好きの度合いが高くなっているようです。

はじめてずっと二人きりの時間が続いているからかもしれませんね。

blank

筒井大志「ぼく勉」161話より引用

それでもまだ、うるかと理珠には罪悪感を抱いているのです。

好きになった順番なんか関係ないと思うのですが・・・。

いつもきれいと言った成幸、何気ない一言ですが文乃はとてもうれしかったと思います。

文乃のことが気になっていてきれいだと思うのか、一般的にきれいだと思っているのか・・・。

どちらなのでしょう。

もうすぐ二次試験なのに、この調子で大丈夫なのか心配になってしまいます。

文乃と成幸はエピソードなんかも一番ありそうなお似合いの二人だと思っていました。

いま改めて違うパターンのエンドを見ているわけですが、やっぱりしっくりくるなと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です