最新ネタバレ『ぼくたちは勉強できない』154-155話!考察!孤島に隔離!?

スポンサーリンク

成幸・理珠・紗和子は海の家緒方うどんに泊まり込みで手伝いに来ていました。

理珠は成幸にウサギ岩を見に行こうと誘います。

休憩時間に文乃は理珠に成幸とどういう感じなのかと尋ねました。

すると理珠はただゲームをしているだけだと言います。

7か月前のクリスマスの夜、成幸にゲームを片付ける手伝いをしてもらっていました。

突然成幸に抱きつきますが、成幸は理珠のことを何とも思っていないようなので、ゲームをしようと提案します。

どんな手を使っても成幸に好きになってもらえるように・・・そう思っていましたがなかなか進展しません。

考え込みながら歩いていると、いつのまにかうさ耳岩に。

すると成幸も来ていました。

理珠が誘ったので待っていたと言います。

しかし満潮になって2人はうさ耳岩の近くに取り残されてしまったのです。

 

スポンサーリンク

『ぼくたちは勉強できない』154話!のネタバレ

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

それでは『ぼくたちは勉強できない』154話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

孤島に隔離

満潮になってしまったため、成幸と理珠は孤島に隔離されてしまいました。

二人とも泳げないため、この中を戻るのはとても厳しいです。

みさおもリズリズから5mしか離れられません。

理珠は案外落ち着いていて、明日になれば潮も引きますし餓死の可能性も0.5%未満かと・・・と言っています。

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

こういう時こそ冷静に・・・と思った成幸ですが、つまり2人きりで一晩一緒に・・・?

成幸は妙なことを考えてはいけないと自分に言い聞かせ・・・とりあえず日でも起こすかと提案しました。

それはグッドアイディアと言わざるを得ませんという理珠。

板と棒を用意して、成幸は昔何度かおやじがやってるのを見たことがあって・・・枯れた小枝とか松ぼっくりとか鳥の巣とか、乾燥した繊維質ほどよく燃えるのだと言います。

みさおが興味津々です。

勉強になりますと言う理珠。

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

火種さえできればすぐだからと一生懸命な成幸。

でもなかなかうまくいきません。

くしゃみをする理珠を気遣い成幸は自分の着ていたTシャツを渡します。

とりあえずそれを着て辛抱してくれ・・・すぐに火をつけてやるからという成幸に、駄目ですと理珠は言います。

汗臭かったのかとショックを受ける成幸。

匂いはむしろ好・・・ではなくっ!!成幸が風邪をひいてしまったらどうすると理珠は心配しています。

 

スポンサーリンク

お誕生日みたい・・・

すると火おこしをしていたところで、突然火が付きました。

理珠は驚き怖がっていますが、みさおの仕業です。

blank

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

火がついて面白いとキャッキャしているみさお。

成幸にひとりでに火が付いたと近づいてしまってドキドキする二人。

焚火の前で二人温まっていると、やっぱり・・・お誕生日みたいですという理珠。

始めて成幸の家に行った時を思い出してなつかしがります。

いつの間にか二人の座っている距離も縮まって・・・

blank

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

こうしていると確かに普段あった距離がぐっと縮まる気がすると理珠は言います。

それは成幸が以前話していたこと。

誰かと暗い中灯りを囲むのは嫌いじゃないんだよ、普段あった人との距離がぐっと縮まるような気がしてさ・・・。

成幸はまた照れながら、これはゲームなんだよな?

なんか最近の緒方は凄い自然に距離を詰めて来てついつい流されそうに・・・。

お誕生日といえば、もうすぐ紗和子のお誕生日ですねという理珠。

成幸は知らなかったので、盛大にお祝いしてやらないとなと言います。

理珠は気合たっぷりで今こそ普段の恩を返す時だと張り切っています。

いつも紗和子には助けられてばかりなので、常々何か力になりたいと思っていたのです。

成幸は笑いながら、その言葉だけで狂喜乱舞してぶっ倒れそうだと言いました。

理珠は狂喜乱舞の意味がよくわからず尋ねると、

blank

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

思いがけなく二人の顔が近く・・・同時に「あの」と言ってしまいます。

 

スポンサーリンク

関城が救助に

二人でどちらが先に話すか譲り合っていると、大きな声で名前を呼ばれます。

ボートを漕ぎながら関城が現れました。

blank

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

「やっと見つけたわ!!助けに来たわよ2人ともー!!」

成幸も理珠もびっくりしています。

SOSの狼煙、詩かと受け取ったわっっ!

私が来たからにはもう安心よ!!この親友関城紗和子が…ウィンクまでしていると波にボートがさらわれてしまい、関城は浮かんできません。

名前を呼びながら、成幸と理珠が飛び込みますが、二人とも泳げませんでした。

成幸がせめて理珠と関城だけでも・・・ともがいていると関城が二人の手を取り助けてくれました。

blank

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

紗和子も、おぼれていたはずなのに、おぼれかけた瞬間誰かに引っ張り上げてもらった気がするんだけど・・・そんなわけないし・・・。

関城が話している後ろでは、みさおがVサインを出していました。

リズリズが飛び込んでくれたおかげで、紗和子を助けることができたようです。

理珠は突然紗和子に抱き着きます。

抱き着かれて照れながら鼻血を出す紗和子。

紗和子のばか・・・涙目になりながら理珠は言いました。

心配させないでください・・・無事でよかったです・・・。

紗和子は嬉しそうにまた鼻血を流しながら、こっちのセリフよ、あなたこそ無事でよかったわと言います。

 

スポンサーリンク

本気のゲームを文乃は応援するしか・・・

blank

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

海の家緒方うどんに戻ると、緒方父と文乃が泣いていました。

よかった心配してたんだよと文乃が言うと、成幸は満潮につかまっちゃってと謝ります。

何事もなくてよかったけれど、2人でどこに行ってたのと尋ねる文乃。

成幸と理珠はなぜか赤くなりながら、緒方に誘われてうさ耳岩を見に・・・と言いました。

私たちはただゲームをしているだけですと理珠が話していたことを思い出しました。

りっちゃんはずっと本気でゲームをしているんだね、あの時から・・・。

文乃はクリスマスの日、うるかと借りていたサンタの衣装を返しに行った時のことを思い出していました。

うるかと階段を上っていくと、話し声が聞こえてきました。

りっちゃんと呼んで部屋に入ろうとすると、理珠が成幸に抱き着いていました。

そして成幸さん私とゲームをしましょうと提案していました。

文乃は理珠の気持ちに気が付いていました。

背後に視線を感じるとうるかが・・・。

文乃はなぜか慌ててうるかに否定します。

りっちゃんもゲームって言ってるし、ちょっとしたお遊びみたいな・・・ね!?

うるかは、理珠をすごいと言いました。

blank

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

あんな本気のゲームあたしにはたぶんできないかなぁ・・・。

遊びなんかじゃないよ、なんでかわかっちゃうんだよねと寂しそうにうるかは微笑みました。

文乃も涙目になっています。

そしてうるかをラーメン屋さんに誘います。

クリスマス料理杏だけ食べたのにーと言いながら、今日はとことん食うかといううるか・・・。

花火をしながら、文乃は理珠を応援していました。

 

スポンサーリンク

『ぼくたちは勉強できない』ネタバレ154-155話のまとめ

みさおの活躍で、風邪をひかずに済みました。

成幸は知識はありましたが、少し残念でしたね。

なんとなくお互い意識するようになり、いい雰囲気になったりしていましたが、関城が迎えに来てくれました。

溺れそうになりましたが、またみさおの活躍で助かったのです。

海の家に帰ると文乃も心配していて何があったのか尋ねます。

真っ赤になった二人を見て、クリスマスの夜のことを思い出しました。

blank

筒井大志「ぼく勉」154話より引用

理珠は真剣な本気のゲームをしています。

文乃は応援するしかありませんでした。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です