【はじめの一歩】全階級の選手を比較!パウンド・フォー・パウンドの最強王者は誰だ!? 

スポンサーリンク

はじめの一歩で話題になっているものの中に、パウンド・フォー・パウンドの最強王者が誰なのかが話題になっています。

パウンド・フォー・パウンドとは何なのでしょうか?

また、最強王者は誰なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】パウンド・フォー・パウンドとは?

パウンドフォーパウンドとは”ボクシングの聖書”と言われるリング誌が選ぶ階級を越えたボクシング界最強ランキング!!

ボクシングには、いくつもの階級があり、チャンピオンになるために、いくつもの階級をクリアしていかなければいけません。

階級を超えたボクシング界最強ランキングでのチャンピオンを目指すのは、誰でも同じ億票に向かっているのではないでしょうか。

 

【はじめの一歩】伊達を玉砕したフェザー級の神 リカルド・マルチネス

メキシコを国籍に持つ、現WBAフェザー級チャンピオン

歴史上最強のフェザー級選手ともされており、戦績は判明している限りで68戦68勝64KO、防衛記録21回

全戦全勝はまさに超人と呼ばれるのも分かりますね。

普段は精密機械のような理詰めのボクシングを展開する模範的ボクサー。

驚異的なパンチ力とテクニックを誇り、日本王者である幕之内一歩とも対決しており、左のジャブだけで破り事実上KOした経験を持ちます。

世界タイトルマッチでは、伊達英二との2回目となる世界タイトル戦では、伊達の実力を認め、圧倒的なパワーで相手をねじ伏せる本来のファイトスタイルを見せています。

 

【はじめの一歩】優れた頭脳と鋭い牙を持つ王者 ヴォルグ・ザンギエフ

元日本フェザー級2位、IBF世界ジュニアライト級4位、現WBA世界ジュニアライト級1位。

元フェザー級アマチュア世界王者と、優秀な成績をたくさん持つロシア人ボクサーです。

アレクサンドル・ヴォルグ・ザンギエフが彼のフルネーム。

なんだかカッコいい名前ですねぇ。

リングの上では獰猛なほどの闘争心を見せ、負けず嫌いな一面を持つのですが、普段は少し抜けたところのある温厚な心優しい性格をしています。

一歩と境遇や性格が似ていることから、一歩と意気投合し、友情が芽生えます。

 

【はじめの一歩】全てを圧倒する野生の暴君 鷹村守

現WBCワールドミドルクラスチャンピオン、同時にWBA同チャンピオン(リチャード・バイソン)との統一戦も制覇。

同ジュニアミドルクラスも制し3冠制覇を達成戦績23戦23勝23KO無敗なパーフェクトレコードを更新中。

スピード・パワー・テクニックと全てにおいて高いレベルな実力を持ち、インファイトもアウトボクシングもこなせる万能型なジャパンボクシング最強天才ボクサーとも言われており、多くの人がその実力を認めています。

 

【はじめの一歩】ベスト階級なら圧倒的な力を発揮する雷神 宮田一郎

主人公・幕之内一歩の目指す最大の目標でありライバル

最終回ではこの2人の対戦が見たいと思っている読者が多く、注目の選手としても大人気です。

志半ばで道を諦めた父の夢を継ぎ果たす為、幼き日にボクサーになる事を決意し、鴨川ジムに入ります。

鴨川ジムの有力株だったが、一歩とのスパーリングを経験し、彼と闘うためにジムを辞めてしまいます。

「目の前から身体ごといなくなる」と言われるほどのスピードと絶妙のタイミングで繰り出される電光石火のカウンターを武器にする生粋のアウトボクサー。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】王者としての風格と貫録を身につけたら最強? 沢村竜平

鬼槍留(キャリル)ボクシングジム所属の元プロボクサー。

元日本ジュニアライト級チャンピオン、および元日本フェザー級3位

名古屋市出身であることとその名前になぞらえて『尾張の竜』の異名が付きます。

特技のカウンターパンチを始め、ハイレベルな攻撃・防御技術や、を成立させるための戦略を駆使するほどの実力を持っているのですが、生い立ちが壮絶で、その影響とトラウマもあり、残虐な性格になっていくのでした。

一歩との激闘を経て、尖った性格には若干の変化が出たシーンは、彼の中での名シーンの一つなのではないでしょうか。

 

【はじめの一歩】経験不足で一歩に破れた天才児 ウォーリー

超人的な身体能力と動体視力を持ち、現時点ではまだボクシングスキルはあまり身についていませんが、これを身につけたとき、「野生と科学の融合」つまり、鷹村2世が誕生するとも言われている、まさに天才児とも言われています。

ウォーリーのファイトスタイルはなんといっても、あの変幻自在の身のこなしとトリッキーな動き

ウォーリーならではのファイトスタイルと言ってもいいでしょう。

 

【はじめの一歩】リカルドを狙い続ける死神 アルフレド・ゴンザレス

メキシコにおいて次期世界王者と目されている強豪選手

同階級の世界王者であるリカルドのことを強く尊敬し、リカルドとの再戦を熱望している。

幼い頃は暴力や窃盗で生きていたが、そんな彼を変えた存在として、リカルドは大きくうつっています。

ボクシングを始めたのは、少しでもリカルドに近づきたいと思ったからだと言われています。

本来の姿である「モード・ミキストリ」になると、凶暴化し手が付けられなくなってしまいます。

 

まとめ

はじめの一歩では、強豪な選手がたくさん揃っています。

誰が優勝してもおかしくないように思いますが、果たして誰が優勝をするのでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です