最新ネタバレ『進撃の巨人』124-125話!考察!恩恵を受けるのは

スポンサーリンク

座標にたどり着いたエレンとジークは接触したことにより「始祖の巨人」の真の力の発動条件を手に入れます。

王家の血筋であるジークがユミルの民の生殖機能を奪えと命令し始祖ユミルは座標に向かって歩き出します。

もう止まらないと言うジークですがエレンは始祖ユミルに追いつきます。

エレンは始祖ユミルに話しかけ2000年前から待っていたんだろうと俺を導いたのはお前かと気がつきます。

始祖ユミルは涙を流します。

そして遂に掌握した「始祖の巨人」の真の力である地鳴らしを発動させます。

壁の巨人が歩み出し混乱する人々。

エレンは始祖の巨人の力を介しユミルの民に話しかけます。

そこでエレンの真の目的、パラディ島の人々を守るということが分かります。

そしてエレンはユミルの民の死滅を望む世界を拒む、外の世界の地表を全て踏む そこにある命を全て駆逐するためと宣告します。

 

スポンサーリンク

『進撃の巨人』124話!のネタバレ

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

それでは『進撃の巨人』124話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

始まった地ならし

エレンの宣告により巨人が来ることを聞いたユミルの民は混乱に陥ります。

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

そんな町の中でガビはファルコを探します。

一緒にいるライナーはジャンとコニーに連れ去られたんだろうと予想します。

巨人を継承した直後でコニーは記憶も飛び上手く動けないはずだといい9つの巨人を放っておくはずがないと言ったライナーはよろけます。

力が残ってないのと聞くガビにライナーは壁の崩壊と共に鎧も剥がされ瓦礫が直撃した、阻止出来なかった、エレンに世界は滅ぼされると絶望します。

ガビはライナーを連れ建物の中に避難します。

ライナーはガビにピークやマーレを探して逃げろそして世界に知らせろと言います。

ガビは知らせてどうなるの?とライナーに返しお父さんもお母さんもみんな死んじゃうんでしょ、エレンを殺して止めないと続けます。

エレンが始祖の力を手にした今、巨人もユミルの民も意のままに操ることが出来るからライナーは無理だ、俺たちにはもう逃げることしかと言いながら気を失います。

それを聞いたガビですが諦めてたまるか、待ってろよファルコと髪を結びライナーにここで休んでてね、みんなを連れてくるからと武器を手に建物を出ます。

 

スポンサーリンク

お前らが大事だ

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

地鳴らしを目の当たりにし、終わりだと呟くジャン。

海の外の人間が1番恐れていたことが起きた、壁の外の人間が消えれば遺恨も消える、俺達を悪魔だと言い張り皆殺しにしようとした結果がこれだ、俺達にはどうすることも出来なかった、そうだろと言います。

アルミンは度を越した大虐殺だと震えます。

じゃあエレンを止めるかとジャンは言い、ジークの安楽死計画を拒み始祖の力を維持する為にヒストリアを犠牲にすることを拒んだ。

エレンは俺達を守る為に壁外人類を犠牲にした

この大虐殺の恩恵を受けるのは俺達だといい、エレンがお前らが大事だ、他の誰よりもと言っていたのを思い出します。

 

スポンサーリンク

コニーの母ちゃん

大きな音がしその方を見たアルミン達の目に巨人がマーレ兵と戦い人を食っています。

始祖の力で制御出来る筈だとアルミンは言いますがとにかく人を食っている加勢に行くぞとジャンは言います。

ミカサはちょっと待ってとジャンに言い連れてきたファルコをどうするのか聞きます。

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

ジャンは、こいつは巨人を継承したはずだから巨人化された誰かに捕食させれば1人は救える、例えば…ピクシス司令官とか。

と言った所でコニーは「母ちゃんだ、ラガコ村の母ちゃんに食わせるいいな?」とみんなに伝えます。

それを聞いたアルミンはファルコはライナー達の弟分のような戦士であり、マーレが滅ぶならライナー達とは争う必要がなくなる、だからと言います。

だが、コニーは母ちゃんはどうでもいいのか、お前だってベルトルトを、母ちゃんを生き返らせるのを止めるなよと感情を露わにします。

 

スポンサーリンク

森から

巨人が襲いかかった隙にコニーはファルコを連れその場を離れます。

先に巨人を何とかしないとジャン達はまずいぞと言います。

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

塔の上で暴走する巨人を見たイェレナは「何故ジークは巨人を制していないの?」と呟きます。

その塔も巨人に囲まれもう駄目だと声が聞こえます。

街では巨人から逃げる市民の中にカヤもいます。

前をよく見ろと言われますが恐怖に怯えたカヤは階段を踏み外し転げ落ちます。

落ちた先には巨人がおりカヤに襲いかかります。

助けてお姉ちゃんと涙するカヤの前にガビが現れ巨人を倒します。

戦士隊と逃げたはず?と聞くブラウスに、ガビはファルコを助けに来たと言います。

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

その戦闘に気づいた男が「誰だ今やったのは!?」と叫び、「マーレから来たガキか!?答えろ!」と銃を構えます。

カヤは違います、私達の家族ですと叫び、マーレの元捕虜で巨人も私がやったと言います。

ファルコを助けるまで大人しくしてろよとガビに言い行動を共にします。

何故私を助けたのか聞くカヤと庇ったのか聞くガビ、私は悪魔なんでしょと言うカヤに悪魔は私だとガビは答えます。

褒められる為に私は人を殺したとガビ。

その言葉に悪魔は俺の中にもいる、誰の中にもいる、だから世界はこうなっちまうんだ。

どうすればいいと聞く森から出るんだ、出られなくても出ようとし続けるんだと答えます。

 

スポンサーリンク

シャーディス教官

一方もう駄目だと聞こえる塔では巨人が人間を襲っています。

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

そこへシャーディス教官が現れ、兵を鼓舞します。

ジャンの指揮により巨人を集め一斉に仕留める手はずを整え、巨人になった仲間を思うならここで葬ってやれと指示します。

そうして惹きつけられた巨人の中にピクシス司令官の姿もあります。

それを確認したアルミンはここまで導いてくれたのはあなただ、ゆっくりお休みくださいとうなじを切り裂きます。

 

スポンサーリンク

フロック

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

一旦は落ち着きを取り戻した塔ではジャンがオニャンコポンと話します。

エレンはどうしているのかと聞きますが、ジャンは見ての通りだと答えます。

俺の故郷もと話しいる途中に助かったいたフロックが現れます。

無事だったのかと言うジャンに俺のいない間に指揮を取ったのかありがとう、くたばる訳には行かないエルディア復活の時をと言い、イェレナに銃を向け義勇兵を集めろ拘束するとフロックは言います。

 

スポンサーリンク

ガビの本音

巨人から逃れたブラウス達はアルミンとミカサを呼び出します。

すまないと言うブラウスが案内した先にはガビが待っていました。

きみはと驚くアルミンとミカサですがガビは涙を浮かべ争う気はない、ファルコを返して欲しいだけだと懇願します。

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

アルミンはガビにコニーがファルコを連れて行った理由、4年前の話をします。

ごめんなさい、でもファルコを諦めきれない、エレンにお願いしてライナーの鎧も剥がした、軍こと施設だけじゃ駄目なのと泣きじゃくります

ライナーはと聞くミカサに重傷だから動けない今はどうでもいいと言うガビの言葉にアルミンが反応します。

アルミンはガビにライナーの硬質化が解かれたのはいつと聞きます。

ガビは壁の崩壊と同時に答えます。

アルミンはエレンは全ての硬質化が解かれるってと言います。

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

そして自身で硬質化し、眠りについたアニも硬質化が溶けています。

 

スポンサーリンク

『進撃の巨人』ネタバレ124-125話のまとめ

エレンが始祖ユミルを掌握したことにより遂に発動した地鳴らし。

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

世界が混乱するなか、ライナーも鎧を剥がされ逃げることしか出来ないと絶望します。

そんな中でジャンとコニーに連れ去られたファルコを返して欲しいと願うガビはみんなを連れてくるとライナーに言います。

一方連れ去ったコニーは村に残した母ちゃんに捕食させるとファルコを連れ去ります。

ジャンが指揮を執り一旦は落ち着きを取り戻しますが今度は助かっていたフロックがイェレナを含む義勇兵を拘束します。

その後、ミカサとアルミンはブラウスに呼ばれガビと会うことになります。

ガビはファルコに対する思いをミカサとアルミンに伝えエレンに頼んでと懇願します。

その中でライナーが鎧を剥がされたと言ったガビにアルミンが反応しどのタイミングだったかと聞きます。

blank

諫山創「進撃の巨人」124話より引用

壁の崩壊と同時に、と言うガビに硬質化が解かれたことでアニの硬質化も解けているのに気がつきました。

長い眠りについたアニがとうとう目覚めます。

アルミンとの関係も気になりますが、アニがこの先どういった行動を取るのかも鍵になるような気がしています。

フロックがイェレナを拘束し腑に落ちないジャンの姿、ミカサとアルミンに晒したガビのファルコに対する本音。

最終話に向かう「進撃の巨人」怒涛の展開がまたどう迎えるのか次話を楽しみに待ちたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『進撃の巨人』126話!仲間たち・・

⇒『進撃の巨人』125話!アニとリヴァイ・・

⇒『進撃の巨人』123話!それぞれの思い・・

⇒『進撃の巨人』122話!エレンの自由・・

⇒ピクシス司令のあっけない最期!司令死亡で駐屯兵団は消失!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です