【はじめの一歩】同世代最強だったボクサー!速水龍一は一歩に負けた後もなぜボクシングにこだわり続けるのか?

スポンサーリンク

アマエリートで優勝候補と言われていた速水龍一は、新人戦で一歩と戦い、敗北してしまいます。

しかし、その後も現役でボクシングを頑張り続けていました。

今回は、新人戦で一歩に負け。その後もボクシングにこだわり続ける速水龍一についてまとめました。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】東日本新人王戦で優勝筆頭だった

東日本新人王戦で優勝の最有力候補と言われていましたが、大戦相手を甘く見る傾向があり、それが災いして、したフェザー級東日本新人王決定戦の準決勝で幕之内一歩に敗北してしまいます。

 

【はじめの一歩】学生時代の圧倒的な好成績と甘いマスクで人気

学生時代は「ショットガン」と呼ばれる回転の速い左右の連打を武器に、インターハイを「3連覇」したという経歴を持ち、高校ボクシング界のトップ選手。

華麗な経歴と実力、豊富な練習量に裏打ちされた自信溢れる発言は、デビュー当時から注目を浴びていました。

また、甘いマスクで、女性ファンの絶大な人気を集めていました。

 

【はじめの一歩】ビッグマウスでショットガンが武器

ビッグマウスでショットガンを武器にし、インターハイを3連覇します。

ビッグマウスぶりとは裏腹にボクシングに対しては真摯で、ボクシング界を盛り上げようと考え行動していました。

しかし、速水には対戦相手を甘く見る傾向があり、それが後の災いにつながることになるのでした。

それが、一歩との試合での出来事につながります。

 

【はじめの一歩】ボクシングに対する真摯な思い

ビックマウスと呼ばれていましたが、それとは裏腹に、ボクシングに対する思いは真撃で、常にボクシング界を盛り上げようと考えて行動をしていました。

 

【はじめの一歩】一歩との対戦でカウンターブローによって足を殺されて敗戦

一歩のカウンターブローによって足を殺されてしまい、そのまま殴り合いの持ち込まれ1RKO負けしてしまいました。

その後はヴォルグの練習の解説役だったり、一歩のスパークリングパートナーが登場したときに「音羽ジムの速水相手に判定までいった奴だ」などと比較対象にされたり、カラオケのイメージビデオに登場したりと、良い扱いとはいえない存在と成り果てた。

しかしそれでも流石というべきかジュニアフェザー級に転向してランキング一位を奪取します。

 

【はじめの一歩】階級を上げてタイトル戦に挑むも小橋に惨敗

チャンピオンの真田一機がベルトを返上した際に、同じく一歩に新人王の時に負けてジュニアフェザー級2位だった小橋健太と王座を奪って対戦します。

新人王の時に小橋は「勝てる糸口さえ見つからなかった」と言っていたのだが、その時よりも小橋は力をつけており、その差を縮め、試合は実力伯仲の接戦となります。

最終的に小橋のワンツーパンチが速水のアゴを貫き8RKO負けと言う結果に。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】1勝11敗で引退と復帰を繰り返す

速水が階級を変えてから、1勝11敗で引退と復帰を繰り返すのは、かつてのライバルの一歩を追って頑張っているからなのでしょう。

しかし、それでも何度も敗北を味わってしまう結果に…

 

【はじめの一歩】必殺技の昇竜を引っ提げて一歩と再会

負け越しのランク外ボクサーに成り下がった速水ですが、それでも自分を信じてリングの上で戦っている彼を見て、現役引退した一歩は何を考えるのでしょうか。

試合を見て、一歩はただ速水の勝利を応援し、活躍を信じるのでした。

そして、速水の試合を見て、一歩の心境に何か芽生えることはあるのでしょうか…

 

【はじめの一歩】プライドを取り戻すために戦い続ける速水

戦績も8勝11敗と負け越しており、小橋とのタイトルマッチ以降の勝ち星は1勝のみ。

そして今回の試合でも最後は相手に滅多打ちにされKO負けと、戦績、肉体共にボロボロの状態でも、それでもなお闘い続ける速水龍一は、なぜ今でも戦い続けるのでしょうか。

速水の新人王戦の際のイメージは、必殺技の「ショットガン」が有名で、インファイト殺しと言われるほどの新人王の有力候補と言われた期待のホープでした。

今でもそのプライドがあるのではないでしょうか。

ボロボロになってでもなお、あの頃の輝きを取り戻そうとしているのかもしれませんね。

 

まとめ

アニメと原作では、速水龍一の性格が全然違います。

アニメでは、卑屈なエリートキャラに描かれていましたが、本当は地道な基礎トレーニングを怠らないなど、陰での努力家な一面も持っています。

誰からも認められた実績と、甘いマスクでは、多くの女性ファンを持つ速水でしたが、一歩との試合に負けてから、山あり谷ありな人生を迎えることになります。

しかし、ボロボロになってもそれでも這い上がる速水を見て、読者には何か感じるものがあるのではないかと思います。

快調にも見放された速水ではありますが、彼の努力が報われる時が来てほしいと信じたいですよね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です